『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


多忙感解消

今日は勤務校の全学年が5校時でした。しかも、会議もなし。 こんな日は、一年の中でも数えるほどです。同僚と 「以前は、5校時が普通だったんですけどね」 「私が教員になった頃は、まだ5校時の方が多かったはずです」 「もっと前は、クラブとか委員会の日だ…

資料作り

今日は、来週に大阪で開催されるセミナーと、来月に札幌で開催されるセミナーの発表準備をしていました。 大阪の話は、明るい話です。 札幌の話は、暗い話です。 大阪の準備が終わってから札幌の準備に取り掛かったのですが、順序を逆にすれば良かったと後悔…

指導力

教員の「指導力」って、何なのでしょう。 学級全員が仲が良く、学校や勉強が大好き。授業中は全員が良い姿勢で座っていて、大きな声で返事や挨拶をする。忘れ物もない。学力テストの結果も全国平均を上回っている。そういう学級をつくる力が「指導力」なんで…

小六教育技術12月号

現在発売中の「小六教育技術 12月号」に原稿を掲載していただきました。「アクティブ・ラーニング型授業のリフレクションと評価」という企画で、私は「振り返りジャーナル」や「全員達成の確認」、「テストの得点分布グラフ」を紹介し、振り返りや評価は、積…

書かせるのは大変じゃないんです。

私はここ2年くらい、あまり「書かせて」いません。もちろん、平均よりは書いているでしょうけれど、古田さんの学級と比べたらそれほどでもないでしょう。 その理由は、一つは「学年」のバランス。私のクラスだけ書いてるってわけにはいきませんからね。もう…

信頼

今日の放課後、職員室で歳上の先生とちょっと重い話をしていました。私は、その先生を信頼していて、時々弱音を吐いたりなんかしちゃっています。そういう相手がいるって、嬉しいことです。 でも、さらに嬉しいことに、話をしている中で、「ああ、私のことを…

どっちなんだろう

「アイスブレイク」というものがありますよね。顔なじみでない集団や休み明けで硬い関係の場合に、緊張をほぐすための活動ですよね。 私も一時期やってみたことがあります。効果を感じることも多々あります。が、最近はあまりやりません。というのは、わざわ…

判断ミス

今日は授業中に判断ミスを連発。明日は1日教室を空けるのに、失敗したなあ。。。 判断ミスの原因は「他者の目」を気にしてしまったから。しかも、最近気付いたのですが、別に誰も何も言っていないのに、勝手に気にしてるところがあります。何やってんだ、俺。…

落ち込んではいられない

昨日は少し考えることがあって、ブログの更新が止まってしまいました。考えすぎると暗黒面に落ちてしまいそうになります。本来はネガティブな男なので。いかんいかん。落ち込んではいられません。 ブログを毎日書くコツは、毎日書くと決めて実行することです…

超えるしかない

今日は、私が「師」とあがめる先生の話を久しぶりに聴きました。講義ですけどね。久しぶりに聴いたら、やっぱりおもしろい。いつも斬られまくっていた20代の頃を思い出しました。話を聞いてもいっさいメモなんて取らなかったけれど、大切な話はすべて覚えて…

危険性を忘れない

今日は「物語文」を書く学習。8時間中の2時間目でした。物語文を書く学習は今年度初ですが、でも、前の単元で「説明文」を書いた時と似た形式のワークシートを用いたり、「はじめ・中・終わり」を重視したり、共通の「めあて」設定したりなど、繰り返しの視…

褒めなくちゃね

今日の放課後は学級の掲示物を張っていました。 教室の後ろには、図工で描いた絵画を。張り終わって眺めていたら、「ああ、いい絵だなあ」としみじみ。題材は定番の「モチモチの木」です。私はある程度細かく描き方を指導するのですが、それでもとっても個性…

許せない子もいるのだということを忘れない

『学び合い』による授業を行えば、学級内の関係性はみるみる豊かになり、直ぐに仲の良い学級になる。これは、ある一面では真実だと思います。上司から「まるでマジックのようだ」と評していただいたこともあります。 でも、忘れてはいけないと感じていること…

感謝の心を忘れない

今の私のテーマは、『学び合い』の「外」の方々との繋がりを増やすことです。今年は『学び合い』の会以外での発表の場を頂いたり、『学び合い』関連以外の原稿依頼を頂いたりすることができました。それに伴ってか、このブログも『学び合い』による授業を実…

遠慮しない

今日はとある研究会に参加してきました。私が参加した分科会は、20名くらい。年齢は私が下から2番目でした。(多分、ですが。) 数年前までは、こういう時は「黙っておこう」と思うタイプだったんですよ、実は。周囲を見て、積極的に話す場と遠慮する場を分…

やれることをやるしかない

私は『学び合い』が広まって欲しいと願っています。それは、我が子のため。我が子が人生の中で一度は『学び合い』の学級で学んで欲しいのです。『学び合い』の学級を経験しているか否かは、人生を大きく変えると思っているからです。また、同時に「一度じゃ…

何度も繰り返すしかない

子供達を見ていると、昨日できていたことが、今日はできないってことが度々ありますよね。そんな時、どうして出来ないんだぁぁああ!と怒ってしまうこともしばしば。でも、それが当然なのかもしれません。私だって、昨日は失敗を笑って許してあげられたのに…

11月は分岐点

昨年、石川晋さんが私の学級に来てくださった際に「高橋の学級は、いつくらいからまとまってくるの?」という趣旨のご質問を受け、「だいたい、11月くらいからですかねえ」と答えた記憶があります。過去の経験から言うと、やっと学級の空気が馴染んでくるの…

「みんなが出来る」から「みんなが伸びる」へ

『学び合い』の本体は「一人も見捨てたくない」という教員の心にある。西川先生は度々そう述べられています。なるほど、私もそう思います。もし私が「あの子は仕方ないか」と考えたら、授業は大いに変質します。例えば、私が喋る時間が長くなるでしょう。だ…

苦戦

今年は学級経営に苦戦しています。と書いてから気付いたのですが、そう言えば、毎年苦戦していますね。悩みながら仕事をするのが、私のスタイルなんでしょう。 思い出って絶対に美しく飾ってしまうから、過去の仕事を思い出して、「あの時のクラスは良かった…

同じ物なのか、違う物なのか

買い物をする時に思うのですが、物の値段ってあってないようなものですよね。昨日はショッピングモールに行ってデニムパンツを買ったのですが、店によって値段はバラバラ。ファストファッション店の1490円の物と、30000円近くする物は、果たして同じ「ジーパ…

大阪の準備

今日は朝から、来月の大阪でのセミナーに向けてあれこれ考えていました。話の大筋は、以前書いたこの話。私が「授業6段階説」と呼んでいるものです。そうか、これを考え始めてからもう3年になるのか。 3年前は、自分の授業がどう変化して来たのかをまとめ…

今年も

今日は学習発表会の代休。あまりにも体調が悪く、横になって過ごしていました。寝るつもりもなかったのに熟睡してしまい、あれ?と思って検温したら、37.5度。ということで、今も横になっています。 もしや、と思って検索したら、昨年も学習発表会の代休には…

成長と鈍化

勤務校には、3月に大学を出た新卒の講師の先生がいます。若い方には、色んな人が色んなことを言いますから、私はあまり話をしません。控えてあげないと混乱するでしょうからね。それでも、時々は助言めいたことを伝えるようにしています。 先日は、「授業、…

大阪

来月の25日に大阪に伺います。 11月25日 『学び合い』セミナー 『学び合い』を続けるために大切なこと 私は、『学び合い』を継続していくために必要な授業デザインについてお話します。以前まで私が「必須」だと考えていたことが、ちょっとだけ揺らいできま…

人生レベル

今日は頭を使いまくった1日でした。学級が一歩前に進む上で正念場を迎えているからです。学習発表会を目前に控えているので、忙しさから怠け心がムクムクとわいてしまいます。でも、何とか耐えて子供達をじっくり見ました。そして、語りました。 正直言って…

難しいことじゃなく

『学び合い』で生きる。 なんてことを書くと、ものすごく難しく取られてしまうかもしれません。 そう言えば、先日の『学び合い』仙南の会で「なぜだか分からないけれど、『学び合い』をものすごく高尚なものだと思っている方がいるらしい」という話題がでま…

『学び合い』で生きる

『学び合い』による授業を開始した当初は、学級への課題として「全員ができる」を求めます。今までは数人だけの小さな関わりで生活していた子供達が、より多くの仲間と関わり合うことに慣れるためです。『学び合い』を継続する中で、子供達は「無理なく永続…

仙南の会

『学び合い』仙南の会に久しぶりに出席しました。 『学び合い』はやり方ではなく考え方だ、と言われます。でも、本当は考え方でもなく、生き方なのでしょう。 そう感じるのは、仙南の会主催者のGさがそうだからです。今日もたくさんのエネルギーをいただき…

すんでの所で気づく

昨日のエントリに少々反応をいただきました。メッセージやコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。もちろん、私も悩むし、苦しみます。教育という営みは難しく悩ましい。心からそう思います。 せっかく反応をいただいたので、昨日の続きを書き…