『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


仕事のあれこれ

年齢構成と『学び合い』

昨日は、「若い先生には授業を!」という話を書きました。 でも、現実にはそれがなかなか難しいよなあ、と思っています。

若い時には

今日、若い先生と話したことです。 若い先生が、まず第一に覚えておいた方が良い仕事ってなんでしょう。 わたしは、「授業」だと思います。 理由は簡単。 子供達と一緒に活動する時間が圧倒的に長いから。 「目立つ」という面では、行事指導の方が保護者さん…

自分を信じない

最近心がけているのが、「自分をそれほど信じない」ということ。 ポイントは「それほど」です。 全く信じないのでは、何も成し遂げられないけれど、、完全に信じてしまってもヨロシクないとも思っているのです。 今日、ある仕事をする上で「この人の力を是非…

大人にする。

学校の役割は、「子供達を“大人”にすること」だと思っています。

仕事を忘れる

先日書いた通り、わたしはキャンプが好きです。キャンプの良さって、仕事のことを考えなくなることですね。と言いつつ、このシルバーウィークではキャンプ中もこのBlogは更新していたんですけど(笑)。でも、今回行ったキャンプ場はケータイがサクサク使え…

発信するということ

「分かる人だけ分かればいい」という無責任な放言でもないし、「多くの人に分かりやすく」という迎合でもなく。自分の信じているものを、濃いものを出したい。きっとそれを咀嚼し、吸収してくれる人がいるはずだから。「一人も見捨てない」と言ったって、わ…

教師の腕

2学期が始まってすぐは、若い先生がてんてこ舞いする時期でもあります。 夏休みのあれこれに目を通し、赤ペンでコメント、そして各コンクールへの出品準備などなど。これって福島県だけでしょうか?各地同様でしょうか? 「教師の腕の差」という時、こうい…

1学期終了。次に向けて

1学期が終わりました。 持ち上がりの学年ですので、昨年度よりは余裕を持って仕事ができたかなあと思います。 ただ、その余裕が学級のゆるみに繋がった時期もありました。この仕事は気を抜いたら、その抜げ具合が直ぐにどこかに表出しますね。 授業に関して…

忙しいけれど

この時期のBlogやFacebookの書き込み具合を見ていると、小中の教員は忙しく、高校教員はちょっと余裕があるのかな?という印象です。 こんなこと言ったら、高校の先生方に怒られちゃいますかね? 少なくとも、小中の先生方は間もなく書き込みが増えるでしょ…

最後の砦と最前線基地

昨年の12月に“人前に出る!”“発信を増やす!”と決めてから、夏の『学び合い』フォーラムは一つの目標でした。 フォーラムで発表させてもらえるだけの価値のある実践をしよう、と考えていたのです。 それがなんと、パネルディスカッションにパネリストとし…

人生レベル

わたしのクラスにも、問題は多々あります。 どうやって解決すればよいか、悩みます。 悩んだ結果はいつも同じ。解決するのは子供達。わたしは解決することを求めるだけです。 けれど、ここでも悩みます。 何をどう語るべきか。 簡単には答えが出ません。 な…

削る

学級経営でも校務でも授業でも何でもそうなのですが、仕事が上手くいかない時は、全体が見えていない時です。 全体が見えていないと、部分で評価をしてしまいます。 一部分で問題が起きた時、そこだけを見てごちゃごちゃといじると、いつの間にか全体はもっ…

偉大な教師

平凡な教師は、ただ話す。 良い教師は、説明する。 すぐれた教師は、自らやってみせる。 偉大な教師は、子供の心に火をつける。 ウィリアム・アーサー・ウォード これって、的を得ているなあと思います。 そして、これは教師対子供だけではなく、教師と教師…

優しさ

子供達に時々言います。 「『全員が100点とりましょう。あ、でも、◯◯君には無理だから、あなたはとれなくていいよ』って言う先生がいたら、かなり嫌じゃない??」 「『レポートを書きましょう。あ、でも、◯◯さんには書けるはずがないから、書かなくてい…

知恵と勇気

http://manabitudukeru.g.hatena.ne.jp/furu-t/20150418 わたしも、教育は「洗脳」だと思っています。わたしは「染める」と表現します。が、古田さんとわたしが考えている中身は基本的に一緒でしょう。 学級は、恐ろしいくらいに教師の色に染まります。 それ…

アクティブ・ラーニングと締め切り

わたしは、アクティブ・ラーンングを実践する上で考慮しなければいけないものとして、 学ぶの目的 学ぶ内容 助け合う仲間 活動期限 の4つを考えています。今年度は、これを軸に実践をまとめて、どこかに発表しようかと考えているところです。 これは、教師…

やり直し

訳あって、ある仕事をやり直すことになりました。しかも、4回も。 やればやるほど早くできる、という仕事ではなく、やればやるほどコンガラガル系の仕事なので、心底疲れました。疲れ過ぎて眠れずにおります。 周囲の方々は、わたしの立腹具合を心配してくだ…

新たなスタート

先日のエントリーに書きました通り、今日から新しい仕事に就くこととなりました。 宇宙への夢を追い求め、独立行政法人宇宙航空研究開発組織(JAXO)へと進みます。 教職を離れても、精神は『学び合い』です。 10年後には、宇宙人と『学び合い』をしてい…

区切りを上手に使う

今日で今年度も終了です。 若い先生には、ぜひとも、こういった区切りを上手に使って欲しいと思います。 わたしは「締め切り」を大切にしています。というのは、締め切りを気にせずに仕事をできるのは、極々一部の極めて優秀な人だけだと思っているからです…

忙しい時は

忙しいので、短く。自分が忙しい時は、みんな忙しい。家族も、クラスの子供達も、上司も、同僚も。 それを忘れて、自分だけが忙しいと思ってはいけないのです。ということで、また明日!

その日暮らしは暮らしにくい

この時期、保護者さんから 「先生、来年も宜しくお願いしますね。」 と言われますよね。 多分、多くの保護者さんは、個々の教師が「何年生を担任したい」と希望して担任が決まっていると考えているのかもしれません。 でも、そんなことありません。だって、…

「出来ません」

若い頃は、仕事を頼まれた時に 「出来ません」 と言いませんでした。 理由は二つあります。 「良い」先輩や上司は、わたしに出来そうにもない仕事は回さず、わたしでも出来る程度の仕事で、且つ、今後を考えると経験しておいた方が良いものを選んで与えてく…

駄目教師

高らかに宣言するようなことではありませんが、わたしは駄目教師です。 自分の授業がそれほど大したものではないとよく分かっています。結果が出ているのは、子供達のおかげです。 また、他の方の授業については一切評価しません。だって、自分の授業ほど丹…

言葉が人を作る

この仕事をしていると、言葉が人を作るなあと感じます。言霊、と言ってもいいかも。 まあ、こんな教師は実在しないと思いますが、もしも、万が一 「このクラスは駄目だ。絶対に問題を起こす。絶対に。」 なんてことを言う教師が居たら、そのクラスは本当に問…

打ち破る

わたしが、自分の授業が悪いなりにも多少は進歩していると実感できているのは、嫌なことを認めたからです。 嫌なこととは何かというと、「教師が授業をできているのは、家庭のおかげ」ということ。 「わたしの授業で、こんな凄い成果が出たぞ!」 と思ってい…

評価される

わたしが働いている地域の年齢構成は、「50代50%、40代35%、30代10%、20代5%」なんて言われています。細かい数字はこの通りではないのですが、まあ、これに近い感じらしいです。ですので、30代後半のわたしなんて、まだまだ若造。批評…

言葉が自分を作る

わたしには誇れるようなものは何もないのですが、「子供達は信じるに足る存在だ」という気持ちには自信があります。 現在担任している学級もそうですし、今までに担任している学級も信じるに足る集団でした。 『学び合い』を始めたころは、 「お前たちを信じ…

決意

今日、ある方から頂いた手紙を読んで、目頭が熱くなりました。 けれど、その後に、とてつもなく大きな悲しさが襲ってきて、別の涙がこぼれそうになりました。 人前だったので堪えましたが、震えが止まりませんでした。 有り難いけれど、素直に喜べません。 …

架空の話

これから書く話は、わたしの作り話です。 ある学校に、とても優秀な管理職が居ます。頭がよく、周囲には気配りを欠かしません。 職員室では冗談を飛ばし、笑いを取ります。服装もお洒落で好感度を上げることを意図しているようです。仕事の面でも「バリバリ…

ドン引き

今日、職場で 「どうして、『俺も若い頃は大変だった。お前も頑張れ。』とか『俺はこうやってきた。お前もやってみろ。』みたいな態度をとれるのか、理解に苦しみます。『あなたの真似をしても、あなた程度にしかなれないんでしょ?俺はあなた程度の教員には…

経験

今年、学級担任兼教務主任となりました。年度当初は不安だらけでしたし、予想通り忙しかったのですが、でも、この経験のおかげで分かったことがたくさんあります。とりあえず、3つ書いておきます。 一つ目は、「締め切りは何よりも大切」。 締め切りを過ぎ…

イメージではなくリアル

学校や授業について話していると、時々、自分が「イメージの世界」に浸ってしまうことがあります。 例えばこんな感じ。 「勉強って、楽しむことが第一だよね。やっぱり、楽しくなくっちゃ何事も身に付かないもん。苦しいことや辛いことを我慢しても、絶対に…

武器を磨いておく

2年前くらいから話題になっていることが、「アクティブラーニング」というものが重視されるらしい。それは、これからの教員の世代交代期をにらんでいるという話をある方から聞いた。納得だ。 今後の5年で、従来通りの授業は徐々に駆逐されていくかもしれな…

ご褒美

今日まで3日間、勤務校では個別懇談でした。 わたしは、個別懇談が好きです。だって、保護者さんと一緒に、子供達の成長を喜び合う日ですから。 そして、有り難いことに、感謝の言葉を頂いてしまうこともあって、恐縮してしまいます。 普段の授業でも、子供…

才能がないわたしでも、一人も見捨てたくない

昨日、久しぶりに「超本気の語り」をしました。 普段はなるべく短く語るようにしています。でも、昨日は違いました。約30分、語り続けました。そうしなければならないような「問題」が起きたからです。 正確には、その問題は何年も前からあって、子供達の…

付け足し

さっきの記事、大切なことを忘れていました。 もう一つ、集団を動かすために必要なことがあります。それは、目標達成に必要な自由を与えること。 時間の面での自由。 予算や物品の面での自由。 そして、組織編成の自由。 目標達成のためには、トライ&エラー…

集団を動かす。

集団を動かすために必要なのは、夢を語り、それを実現するための目標を提示することです。 その夢に魅力がないと、集団は動き出しません。目標に具体性がないと、集団は迷走します。 また、目標達成のための手立ては、集団の構成員が考えます。管理者は提案…

腕が上がる

わたしは、心配性で自己肯定感が低い人間だと自己分析しています。 短気で攻撃的なのは、その現れです。もう少し自信を持てたら、人に優しくなれると思うんですけどね。 そんなわたしでも、時々は「あ、腕が上がったかも?」なんて感じる時があります。 最近…

受信する

「思いやり」って「知性」だなあと思います。 先日、放課後に残って勉強をしていたある子が、わたしにこう言いました。 「先生、この計算ってどうやるの?」 周囲には何人か児童が居たのですが、その子は、人と関わるのがちょっと苦手なタイプ。友達に聞くよ…

育てる

最近、学級の中で小さな「事故」が繰り返し起きています。 そんな時に「怪我しないように」とか「気を付けて生活しよう」なんて話ばかりをしても、効果はありませんよね? ですので、朝一で、今の学級に足りないなあと感じていることを、心を込めて語りまし…

任せるが、委ねない

教師の仕事は、「任せるけれど、委ねない」ことが大切だと思っています。 ということを書こうと思っていたのですが、ビールが回り過ぎたので、過去に書いた記事を紹介して終わりにしちゃいます。 http://d.hatena.ne.jp/nao_taka/20140303 それだけではナン…

結果を求める

管理者としての視点を持つ上で、わたしが心がけていることの第一は「方法ではなく、結果を求める」ということです。 これって、言葉にするのは簡単ですが、実践できるようになるまでは、非常に難しかったなあ! 今考えると、わたしが『学び合い』を始めた当…

経営者の視点

わたしがここ数年で分かったこと。それは、 「子供達にとって幸せなクラスを作るには、教師が『経営者としての視点』を持っていることが必須なのだ。」 ということ。 教材や話術を最優先する教師が多いのは承知しています。 教材も、詰まらないものよりは、…

分かり合うということ

坂内さん(id:tontan2 さん)が少し前に「内容は学び合えない。姿は学び会える」というようなことをおっしゃっていました。 なるほどなあ、と思います。 似たようなことをある知人と話している中で感じました。そのことをツラツラと。 最近、 「ベクトルの違…

幸せのおすそ分け

わたしは,幸せな教師です。 今日,卒業文集の個人原稿についての話し合いを行いました。 個人情報もあるので,くわしくは書けませんが,児童が書いた文集のプランを読みながら,「このクラスが子供達にとって「登校する価値のある場所」であることを感じま…

弱音を吐かない

多分,わたしのブログを読んでくれている奇特な皆さんの中には,わたしのことを「めちゃくちゃポジティブで,やる気と情熱に溢れ,弱音なんかは絶対に吐かず,脇目もふらずに仕事に励む超前向き人間」だと思っている人もいるかもしれません。過去に何人か,…

「冬休みくらい、休まないと」

昨日の新聞で 「夜遅くまで残業している社員は、がんばっている人だ――。残業にこんなイメージを持っている上司の下では、部下が長時間労働する傾向にあることが内閣府の調査でわかった。」(朝日新聞 2013年12月22日) という記事を読みました。 そりゃ、そ…

優先順位

わたしは,そこそこ「やる気」のある教師だと自負しています。 まだまだ青二才で力不足ですが,向上心は失っていないつもりです。 もっと良い教師になりたいし,なれると信じています。 でも,「良い先生」ってどんなモノなのか,よく考えなくてはいけないと…

教師の仕事

朝、ツイッターでつぶやいた内容を、加筆修正して、こちらにも載せておきます。 教師の仕事とは、集団を作る仕事だと考えています。しかも、ただの集団ではなく、学習し成長する集団を作る仕事です。集団を作ることが出来なければ 、どんなに優秀な塾講師で…

バランスではなく、融合  イロハのニその3

言いたいことが上手く言えないので、繋がりを無視して、感じていることをポツポツと書いていってみます。上手くいけば、繋がるかな。無理かな。 さて。 Aも大切。Bも大切。どちらも大切ですから、バランスよくいきましょう。 よくある言い回しです。が、わた…