『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。

学校のあれこれ

合同『学び合い』

今日は2年生との合同『学び合い』。2年生は算数、6年生は社会の異学年異教科で行った。 ちょっと場の設定がイマイチだったので、子どもたちが動きにくくなってしまったのが反省点。でも、金曜日には別のクラスとも行う予定なので、次回改善したいと思う。…

悩めるおっさん

金曜日、テストの丸付けをした後に、同学年の先生にこんな話をした。 「◯◯さんが、苦手な算数のテストの表側で100点を取ったよー。最近、頑張ってたから良かった!でも、裏はこんな感じ(あまり点数が良くない)。まだ伸びる余地がある!という前向きな気持…

頑張り主義

私は「頑張ること」が嫌いではない。私自身は昔からずっと「頑張らない奴」だったので、一生懸命頑張る人を尊敬している。そして、私自身は、「昔よりは頑張れるようになってきたな」と自己評価している。 いざという時に頑張れない人間は困る。昔の私はそれ…

きまり

学校には様々なきまりがある。私が勤めた学校では、例えば、 学校にお金を持ってきてはいけない。 シャーペンを使ってはいけない。 なんてものがあった。 私個人の考えでは、前者は「そうだねえ。持ってこない方がいいよ」と思っている。お金は落とす。よく…

焦らず、でも、着々と

4月からずっと、隣のクラスの先生も『学び合い』に取り組んでくれている。元々センスのある方なので、良い授業をしている。私も良い刺激をもらえて、課題の出し方をマイナーチェンジすることができた。「一緒にやる」ことの一つのメリットを実感している。 …

授業参観でした!

今日は転勤後初の授業参観でした。内容は、伊垣尚人さんの実践に着想を得た「家庭学習の進め方」です。伊垣さん、ありがとー! 子どもの力を引き出す自主学習ノート 実践編 (ナツメ社教育書ブックス) 作者: 伊垣尚人 出版社/メーカー: ナツメ社 発売日: 2013…

怒りの次のエネルギー

昨日のエントリーには、Facebookでたくさんのコメントをいただいた。ガンダム好きが反応してしてくれたようだ。 昨日のエントリーに対するFacebookでの坂内さんのコメントを引用させていただく。 マジレスすると、シャアはアムロへの嫉妬と恨み、そしてマザ…

ひとまずはお疲れ様

今日は勤務校の「修了証書・卒業証書授与式」。今年度が一応は終了した。多くの学校で「お仕舞い」を迎えたことだろう。 満足できる1年を過ごした方にも、楽しい1年を過ごした方にも、苦しかった方にも、ひとまずは「お疲れ様」と言いたい。 この仕事は、必…

隙間と担任と感謝

勤務校には「タカハシ」姓が3人もいる。そこで、4月に子供たちに 「キャプテンと呼んでください」 と頼んだ。1年経ってかなり定着。授業を受け持っている子供たちはもちろん、他の学年の子供たちも「キャプテン」と呼んでくれる。職員室に来た児童が 「失礼…

潰れるのは、学校か、教員か

世の中の流れに反する話かもしれません。最初に謝っておきます。 「お気を悪くしたら、すみません」 そして、申し上げておきますが、私は教員の多忙化は解消されるべきだと思っていますし、教務主任として、学校のために自分なりにやれることをやっています…

笑いとクリエイティブ

今日は学期末の忙しい中、各学年主任の先生方に集まっていただき、来年度に向けての「重点目標検討委員会」でした。皆さんが本当に忙しいので、私が自分に課したのは 短時間で でも、クリエイティブに の2つ。ダラダラと話し合うわけにはいきませんが、忙し…

電話

今年は教務になったので、電話に出る回数が激増しました。昼間は事務室で電話を取ってくださることが多いのですが、放課後はなるべく私が取るようにしています。保護者さんからの電話が多いからです。嬉しい電話は少なくて、どちらかというと無い方がいい電…

ちょっと調子にのってみる

数年前、尊敬する先輩から言われた言葉。「なおたかさんは、自分の実践を60点に抑えることができる?残りを他のクラスのために使える?」その時には「そんなの絶対に嫌だもーん!」と思っていたのですが、去年と今年は「自分の力を他に割り振る」意識を持っ…

仙南の会

今日は、白石市で開催された「『学び合い』仙南の会」へ。 仙南の会に外れなし。熱い半日を過ごしました。 私が一番考えさせられたのは、「教員は何のプロフェッショナルなのか」ということ。私は子ども同士をつなぐプロとしてやってきたけれど、次は子ども…

泳ぐしかないね

授業をもっと自然な営みにしたい。 そう考えると、 じゃあ、何が授業を不自然にしているの? という疑問も浮かんできます。多分それは、単純な答えはなくて、様々な要因が絡んでいるのでしょう。私が今興味を持っている文脈から見ると、その答えの一つとして…

感謝しております

しばらく更新を休んでいるにも関わらず、ブログを覗きにきてくださっている方がいらっしゃるようです。解析を見ると100以上のアクセスがあって、申し訳ない気持ちです。ありがとうございます。 感謝の気持ちを込めて、最近考えていたことをメモしておきま…

ああ、そうか

昨日のエントリで書いたことの誤りに気づきました。 一人で全てを伝えようとするから、悩むのですね。何か課題があったら、みんなで考えて、ごちゃごちゃと取り組めばいいし、その中で、個々が自分が良いと感じるやり方でやればいいのでしょう。 皆で考え、…

アドバイス

最近は、同僚の授業に助言なんぞをしなければならないケースが増えているのですが、そんな時に、気をつけていることがあります。 それは、自己主張しないこと。 例えば、指導案を見て 「ここがよくない」 「こういうやり方の方がいい」 「私ならこうやる」 …

教えたがり

今年は、初任者研修の校内指導員をやっているので、初任者の先生と研修をする機会が度々あります。初任の先生が、校外の研修に持っていく「宿題」について指導する必要もあります。また、今は教育実習生が来ているので何度か「講義」もしました。 こういう時…

将来のことを考えて

昔、ある方が子供達に言っていた。 「毎朝、ラジオ体操をやる会社もあるんです。ラジオ体操をちゃんと覚えておかないと、将来困りますよ」 だからもっと一生懸命に練習しなさい!!、と続いたその言葉は、かなりの熱を帯びていた。その方が本気でそう思って…

授業参観

教務主任という立場を悪用して、今年は3回ほど授業を見てもらえる場を設定しました。金曜日はその第1回目。初任研の授業参観。初任の先生の学級に入らせてもらって、社会の授業をやりました。理科専科だけど社会。 私はこう見えて(どう見えて??)バランス…

本音レーダー

ちょっと昔に経験したことです。 新年度最初の職員会議。校長が 「先生方、どうかAに気を付けてくださいね」 と話をしました。職員会議の要項にもちゃんと「Aに気を付けましょう」と書かれています。私は元々、Aに気を付ける派。ですから、Aに気を付けて(と…

年度末のフワフワ感

今の時期の雰囲気が少々苦手です。本音と建前がごちゃまぜになった空気に少し焦ってしまうのです。 新年度になればものすごく忙しくなるのですから、今のうちから様々な準備をしておきたいもの。けれど、まだ来年度の体制が正式には決定されていませんよね。…

子供達を傷つける

自分の体型にコンプレックスのある子は、運動着の半袖を半ズボンの中に入れるのも恥ずかしいものです。半袖を出して、お腹を隠したい。でも、『みっともない!入れなさい』って怒られてしまいます。 女子はだんだん「ムダ毛」も気になるという話も聞きました…

逃げていい

いじめを完全になくせるのは「いじめは完全になくせる」と信じている教師だけだ。と言ったのは、確か西川先生だったと思います。私もそう思います。 「いじめはなくならないよ」と言う教員のクラスでは、絶対になくならないでしょう。 「いじめはなくせる」…

多忙感解消

今日は勤務校の全学年が5校時でした。しかも、会議もなし。 こんな日は、一年の中でも数えるほどです。同僚と 「以前は、5校時が普通だったんですけどね」 「私が教員になった頃は、まだ5校時の方が多かったはずです」 「もっと前は、クラブとか委員会の日だ…

指導力

教員の「指導力」って、何なのでしょう。 学級全員が仲が良く、学校や勉強が大好き。授業中は全員が良い姿勢で座っていて、大きな声で返事や挨拶をする。忘れ物もない。学力テストの結果も全国平均を上回っている。そういう学級をつくる力が「指導力」なんで…

信頼

今日の放課後、職員室で歳上の先生とちょっと重い話をしていました。私は、その先生を信頼していて、時々弱音を吐いたりなんかしちゃっています。そういう相手がいるって、嬉しいことです。 でも、さらに嬉しいことに、話をしている中で、「ああ、私のことを…

成長と鈍化

勤務校には、3月に大学を出た新卒の講師の先生がいます。若い方には、色んな人が色んなことを言いますから、私はあまり話をしません。控えてあげないと混乱するでしょうからね。それでも、時々は助言めいたことを伝えるようにしています。 先日は、「授業、…

操れるの?

学校にはたくさんの「思い込み」があって、それが正しいかどうか、必要かどうかを判断することが難しくて、どんどん自分たちで仕事を大変にしているよなあ。そんな風に感じることが時々あります。 「子供達を意のままに操れるのが良い教員。そのための力が指…