『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


自分のあれこれ

メジャー

日本で最もメジャーな教育雑誌と言えば、小学館さんの「教育技術」を挙げる方が多いのではないでしょうか。その「小六教育技術」9月号に寄稿しました。 小六教育技術 2017年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/08/16 メディア: 雑誌 この…

エネルギー切れ

ブログ更新が止まってしまってすみません。 ネットとは違う「仕事以外の活動」に精を出しておりました。 まもなく更新を再開できそうです。

「何で見捨てるんだ!」

私が『学び合い』を始めたばかりの頃なので、7年前の話です。 その当時は、今ほど『学び合い』の「やり方」についての本は揃っていませんでした。私は、西川先生のサイトにアップされていた「『学び合い』の手引き」を頼りに、『学び合い』を実践していまし…

リアル

今日は出張。任意参加の団体なのに事実上悉皆という研修会でした。私は「頼まれたら断わらない」を心掛けているので、一日中、会の進行や協議会の司会をして過ごしました。どうせ出るなら、当事者意識を持ってやる方が楽しいですからね。 午後の最後に、県内…

二日しかないけれど

気が付けば、一学期が終わろうとしています。早いなあ。あっと言う間だなあ。 でも、学級では数人の子供たちが、係活動として一生懸命に飾り作りに勤しんでいました。壁に飾られた素敵な折り紙。自分たちの居場所を自分たちの手で飾る。 そうだよね、あと少…

嫌だなあ。

今年は、イマイチ自分の仕事に納得できていません。いつも何かに追われていて、締め切りに追われたり、オーバーしたり。 まあ、転勤直後はそういうものだと言えば、そうなのですけれど。 体調もずっとイマイチ。 早く抜け出したいですね。

多様

『学び合い』を実践していると、集団のメンバーが多様性に富んでいることが、いかに大切かを実感します。 並みのトラブルなら同質性の高いメンバーで何とか対処できます。教員一人でも何とかなる場合もあるでしょう。でも、ちょっと大変なトラブルが起きた時…

理論どおり

私は、自分の力不足をよく分かっています。だから、『学び合い』の理論どおりに授業を進めます。 4月当初。私が子供たちに語ることは 学校に来る目的は何か どうすればもっと勉強が分かるのか 分かるとはどういうことか 全員が分かるように の4点です。『…

札幌まで3週間。

来月は札幌にお邪魔致します。今から緊張しています。 緊張に打ち勝つために、早めに準備に取り掛かりました。今回の発表内容は、これです。 「学びのカリキュラム・マネジメント」については古田さんに任せ、私は、「単元『学び合い』」と、「自由時間割」…

最後は愛なのだ

今日は、勤務地周辺の仲間との学習会でした。今年のテーマは「いじめ」について。ここでは書けないディープな話がたくさん出ました。 もう眠いので一言だけ。 教育とは、やっぱり最後は「愛」なのだと思います。授業にしても、いじめへの対応にしても。

ちょっとした差異

最近は、すっかり爽やかさとまろやかさが売りになっている私ですが、今でも時々、ちょっとした差異に苦しくなります。 例えば、一般的に「良い」とされていることを私は「悪い」と感じてしまったり、多くの方が「問題だ」と感じることが、私には「全く気にな…

笑顔は大切だな。

最近、教室で「しかめっ面」をしていることが多くありました。 いかんいかん。 担任が笑顔で立っていることって、とっても大切ですよね。年々、強く感じています。 「6月危機」なんて言葉を目にしました。学級経営上、6月はちょっと危険な時期らしいです。そ…

集団の一員

学級で子供たちに語っていることが、自分自身にもピッタリ当てはまることが少なくありません。例えば、「他の人が勉強をしていないのに、自分だけがちゃんとやれる、自分だけが成長できる、ということはない。逆に、一生懸命に勉強している中に居れば、自分…

怖い

勤務校では「学級の目標」を教室内に掲げることになっています。早い学級は4月に決めたようですが、私の学級では先日、やっと決めました。 「よいコミュニケーションを大切に、世界一のクラスにしよう」 「らんぼうな人やいじわるな人よりも、やさしい人が…

焦ってるなあ。

今年のクラスは、「話を聞かせる」のに非常に苦労しました。今も苦労してますけど、4月よりは、格段に楽になりました。 私はどうしても「話を聞きなさい!」という態度を取りがち。でも、聞きなさい、と言っても聞くわけがないんですよね。ロボットじゃない…

悩む〜

ずっと欲しかったポメラ。かなり値段が下がってきました。 キングジム デジタルメモ ポメラ DM200ブラック 出版社/メーカー: キングジム(KINGJIM) メディア: オフィス用品 この商品を含むブログ (4件) を見る 下がってきたと言いつつ、でも、まだ高いなあ。…

生き方

今日は、10年後の自分が何をしているかを考えていました。 学級担任をしているのか、否か。 学級担任をしているとして、どんなスタンスで担任をしているのか。 学級担任をしていないとすれば、何をしているのか。 先のことは分からないけれど、それでも考…

恩返し

何年前かは忘れましたが、ある時に覚悟を決めました。それは、「私は何も混ぜない『学び合い』を実践しよう!」という覚悟です。西川研出身でもない私がそんなことを言うのは勘違いも甚だしいと思いつつ、でも、できると考えていました。 そんなことを考えた…

「先生に言っても・・・」と理解してもらうしかない。

学校には「どうすべきかは、先生が決めるべきだ」という価値観があるように思います。教員も児童も、そう思っている人が少なくありません。 例えば、「先生、お腹が痛いです」と言って来る子。私はそういう時に「それは大変だね。どうしたい?」と聞くのです…

限界

自分の「限界」を感じている今日この頃。 よい仕事をすればするほど、よい仕事を「しにくい」状況ができあがっていくように感じてしまうのは、まあ、潮時なのでしょう。 馬鹿の限界ですね。馬鹿は馬鹿なりの覚悟を持って、生きていくしかありません。

真面目

日本一爽やかな教育実践グループ・みゆき会に所属する私ですが、爽やかと言われるよりも「真面目」と言われる方が、実は多いのです。いや、ホントに。 そう言われるのは、多分、私が臆病だからだと思います。私は基本的に不安に追い立てられるように過ごして…

啓示?

時々、「これは神の啓示なのか!?」と感じることがあります。「このタイミングでこういう出来事があるなんて、出来過ぎだよなあ」ということがあると、超越的存在を感じずにはいられません。今日は、私も子供たちも運動会明けの疲れと、急な暑さと、校舎の…

運動会

運動会の疲れからか、娘が発熱。風邪というより、体調不良といった雰囲気。近隣では土曜日が運動会という学校が多かった。どれくらいの子が「運動会疲れ」で体調を崩しているのだろう。猛暑の中での運動会。かなり消耗しただろうな。 運動会の良さもある。で…

無茶なこと

思い返すと、以前は子供たちに「無茶なこと」を言っていたなあと感じます。 以前は「廊下を走るな!」と言っていました。運動会の練習で「喋ったらやり直し!」なんてことも言っていました。というか、子供たちより大きな声を出して注意していたかも。「うる…

見積もり

私は、他の方と仕事の話をする場合、基本的に「相手は自分よりも力量がある」と見積もります。その方が「安心」だからです。他者を「下」に見積もるのは危険だと思っています。 が、どうやら、少なくない方が、他者を「自分以下」と見積もって話すような気が…

頑張ればいいの?

今日は久しぶりに「ラーメン屋の暖簾分けの語り」をしました。 有名店で修行し暖簾分けしてもらった美味しいラーメン屋と、自己流で努力したけれど不味いラーメン屋。どっちがお客さんが多く来そう? という、私の定番の語りです。 多くの児童が後者を選びま…

表現の違い

今日は一日中、時間を見つけては原稿書き。文章を書くことは嫌いではありませんから、苦にならないのですが、一つだけ悩むことがあります。 それは、雑誌や書籍用に書く文章と、ブログに書くことが少しだけ違ってしまうのです。私にとっては「表現の違い」と…

体調不良と上昇傾向

ここ数日、体調がすこぶる悪く、更新が滞っています。すみません。 が、ゴールデンウィーク明けの学級は上昇傾向。ちょっとずつ私の濃さに、子供たちが慣れてきてくれたようです。ある子の「俺、3年生になって変わった!」という発言をきっかけに、金曜日の…

捉われ

分かったようなことをグダグダと述べ、偉そうにしている(と思われがちな)私ですが、実際は当然ながら迷ったり悩んだりして日々を送っています。今日も「ああ、分かっていないよな、俺」と感じて落ち込むことがありました。 4月はどうしても、周囲の目が気…

考え事

このゴールデンウィークは、ずっと考え事をしていました。久しぶりに頭の中がごちゃごちゃになるくらい考えたおかげで、「私が今やっていることは、何から生まれてきたのか」が整理されてきました。 東京での『学び合い』フォーラムでは、「トップランナーを…

グレート・ギャッツビー

今、書いていたエントリーを消しました。 誰かを批判したくなっても、簡単に言葉にしてはいけません。父が教えてくれたわけではありませんが、そんな風に考えられる年齢になりました。 ある種の方から見れば、私の教室で起こっていることは「ファンタジー」…

おっさんになって。

30代前半の頃は「子供たちに好かれたい」という欲望を抑え、なんとか突き放す努力をしていました。子供たちとの距離が近過ぎると、不公平が生じます。その上、子供たちのことも、見えにくくなります。ですから、距離が必要だと分かっていても、寂しかったの…

運が良い

私がこうして教員を続けていられるのは、運がいいからだと思っています。何と言っても、子供たちに恵まれています。今まで、「良い子供たち」しか担任していません。 今年も間違いなく「良い子供たち」です。 宝くじを買ったら当たるんじゃないだろうか。

5秒

昨日は、勤務校の歓迎会でした。 余興として、「転入者が何も見ずに1分ちょうどで自己アピールをする」というものがありました。私の結果は、残念ながら5秒オーバーして「1分5秒」。オーバーするよりも、足りない方が良かった。。。 まだまだ修行が足りませ…

救い

今日は心が折れる光景を見てしまいました。忙しいのも、疲れるのも、自分で何とでもなるのですが、「可哀想」なのは、どうしても我慢ができません。 けれど、ある方からある写真を送ってもらい、心が救われました。 それを見ながら、決意を新たにしました。…

見てみたい。

教員になったばかりの時には、「自分が“正解”を知らないだけで、他の先生方は皆、“正しい指導”をなさっているんだ。早く自分もできるようにならくてはいけない」と、感じていました。でも、しばらく経って「どこにも“正解”なんてないんだな」と考えるように…

がっかりした

最近、あることで腹を立てていたのですが、その後は徐々に 「ああ、私はがっかりしたんだな。」 と分かってきました。どうしてこんなに腹が立つのか、自分でも不思議だったのですが、でもそれを「落胆」と捉えたら、よく分かりました。落胆した私は「自分が…

コントロールしない

何度か書いていることですが、私が子供たちに繰り返し伝えている言葉に「先生に命令されたり、コントロールされたりするのは嫌でしょう?だったら、自分で自分をコントロールできるようになりなさいよ」というものがあります。 以前の私は、子供たちが私の思…

やっと

今年度も残すところあと1か月となりました。大いに焦ると共に、自分の力の無さを痛感しています。今年度は、やりたいことが何一つ上手くいかなかった1年でした。 でも、やっと、その中の一つは光明が差しました。自分が何をしたかったのかが見えてきました…

特異

「あなたは、本当にオカシイですね」 何ですか、急に? 「急じゃありませんよ。本当は分かってたでしょ、自分で」 意味が分かりません。私のどこがおかしいというんですか? 「少なくない教員が、『手のかかる子』に冷たくて『お利口さん』に甘い」 そういう…

ダブルで嬉しい

今日は、少し前に書いた「市内研究物展」の表彰式。勤務校全体で出した「学校・グループ研究」の物も、私とO先生の二人で出した「個人研究」の物も、両方が賞を頂くことができました。やったぜ!ダブル受賞!! 全体で出した物は、研修主任が中心になってま…

噛み合わないのも、またよし

世の中の人間が、全て同じ方向を見ていたら怖いなあと思います。多様性ってホントに大切です。だから、話し合いがなかなか噛み合わない場合があっても仕方がないでしょう。 話が噛み合わない時には、「ああ、俺は今、多様性を味わっているのだ」と自分に言い…

柔和な攻撃性

今日はあるところで私の授業について紹介しました。「カリキュラム・マネジメント」の発表だったので、『学び合い』の色は抑えました。いわゆる「従来型の授業」の方がほとんどの場での発表です。でも、福島の子供たちは負けてないぜ!という想いを込めて話…

光栄に思おうじゃないか

昨日、私の仕事を外部の方に「プラスの評価」をして頂く機会がありました。 正直に言えば、褒められれば嬉しいです。やったぜ!と思います。でも、喜んでいいかどうか、迷います。調子に乗ってしまわないように。勝って兜の緒を締めよ。そんな風に思ってしま…

指導力不足教員

私は指導力不足教員です。 どう考えても、私自身の指導力が十分とは思えません。 ですから、今までは、自分の指導力が十分であるかのように振る舞う方々を見て、羨ましく感じていました。いいなあ、俺もなりたいな、「指導力十分教員」にって思っていました…

異質

教員は学級の中で「異質」な存在だと思っています。教員は学級の中で唯一の「成人」であるだけではなく、「教員免許」を有し、公的に認められた存在です。 どんなにフレンドリーな立ち振る舞いをしても、逆に威厳のある振りをしても、教員の行動のあれこれが…

誰にでもできる

私は過去にとある所から依頼されて、一単元分の指導案を書いたことがあります。依頼の趣旨は、「教員経験年数が3年未満の方でも、これを見ながら授業ができる程度の難易度でお願いします」ということでした。それを踏まえて、学習活動の量はやや少な目、で…

子供達は家来じゃない

若い頃、清掃の時間、子供達に「カーペット掃除」をさせている先輩を見ました。その先輩は、子供達に掃除機を使わせていました。掃除機の使い方を説明し、注意点を伝え、後は子供達にお任せ。ゴミはどんどん吸い取られ、きれいになっていきます。その学校は…

役割分担

私は学級の中には「役割分担」があって欲しくありません。 この子がリーダー。 この子は盛り上げ役。 この子は学級のマスコット。 そして、この子は… なんてものが決まっていたら、気持ち悪い。固定的なリーダーがどれほど集団にとって害悪か!!子供達は本…

Facebookとブログ

ブログを書きながら、ちょっと悩んでいたことがある。 それは、「Facebookで繋がっている方と、私が知らないブログ読者の方との違い」である。昨夏の『学び合い』フォーラムでも、複数の方から「ブログを読んでいます」と声をかけていただいた。11月のみゆ…