『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


おっさんになって。

30代前半の頃は「子供たちに好かれたい」という欲望を抑え、なんとか突き放す努力をしていました。子供たちとの距離が近過ぎると、不公平が生じます。その上、子供たちのことも、見えにくくなります。ですから、距離が必要だと分かっていても、寂しかったの…

運が良い

私がこうして教員を続けていられるのは、運がいいからだと思っています。何と言っても、子供たちに恵まれています。今まで、「良い子供たち」しか担任していません。 今年も間違いなく「良い子供たち」です。 宝くじを買ったら当たるんじゃないだろうか。

5秒

昨日は、勤務校の歓迎会でした。 余興として、「転入者が何も見ずに1分ちょうどで自己アピールをする」というものがありました。私の結果は、残念ながら5秒オーバーして「1分5秒」。オーバーするよりも、足りない方が良かった。。。 まだまだ修行が足りませ…

救い

今日は心が折れる光景を見てしまいました。忙しいのも、疲れるのも、自分で何とでもなるのですが、「可哀想」なのは、どうしても我慢ができません。 けれど、ある方からある写真を送ってもらい、心が救われました。 それを見ながら、決意を新たにしました。…

見てみたい。

教員になったばかりの時には、「自分が“正解”を知らないだけで、他の先生方は皆、“正しい指導”をなさっているんだ。早く自分もできるようにならくてはいけない」と、感じていました。でも、しばらく経って「どこにも“正解”なんてないんだな」と考えるように…

がっかりした

最近、あることで腹を立てていたのですが、その後は徐々に 「ああ、私はがっかりしたんだな。」 と分かってきました。どうしてこんなに腹が立つのか、自分でも不思議だったのですが、でもそれを「落胆」と捉えたら、よく分かりました。落胆した私は「自分が…

コントロールしない

何度か書いていることですが、私が子供たちに繰り返し伝えている言葉に「先生に命令されたり、コントロールされたりするのは嫌でしょう?だったら、自分で自分をコントロールできるようになりなさいよ」というものがあります。 以前の私は、子供たちが私の思…

やっと

今年度も残すところあと1か月となりました。大いに焦ると共に、自分の力の無さを痛感しています。今年度は、やりたいことが何一つ上手くいかなかった1年でした。 でも、やっと、その中の一つは光明が差しました。自分が何をしたかったのかが見えてきました…

特異

「あなたは、本当にオカシイですね」 何ですか、急に? 「急じゃありませんよ。本当は分かってたでしょ、自分で」 意味が分かりません。私のどこがおかしいというんですか? 「少なくない教員が、『手のかかる子』に冷たくて『お利口さん』に甘い」 そういう…

ダブルで嬉しい

今日は、少し前に書いた「市内研究物展」の表彰式。勤務校全体で出した「学校・グループ研究」の物も、私とO先生の二人で出した「個人研究」の物も、両方が賞を頂くことができました。やったぜ!ダブル受賞!! 全体で出した物は、研修主任が中心になってま…

噛み合わないのも、またよし

世の中の人間が、全て同じ方向を見ていたら怖いなあと思います。多様性ってホントに大切です。だから、話し合いがなかなか噛み合わない場合があっても仕方がないでしょう。 話が噛み合わない時には、「ああ、俺は今、多様性を味わっているのだ」と自分に言い…

柔和な攻撃性

今日はあるところで私の授業について紹介しました。「カリキュラム・マネジメント」の発表だったので、『学び合い』の色は抑えました。いわゆる「従来型の授業」の方がほとんどの場での発表です。でも、福島の子供たちは負けてないぜ!という想いを込めて話…

光栄に思おうじゃないか

昨日、私の仕事を外部の方に「プラスの評価」をして頂く機会がありました。 正直に言えば、褒められれば嬉しいです。やったぜ!と思います。でも、喜んでいいかどうか、迷います。調子に乗ってしまわないように。勝って兜の緒を締めよ。そんな風に思ってしま…

指導力不足教員

私は指導力不足教員です。 どう考えても、私自身の指導力が十分とは思えません。 ですから、今までは、自分の指導力が十分であるかのように振る舞う方々を見て、羨ましく感じていました。いいなあ、俺もなりたいな、「指導力十分教員」にって思っていました…

異質

教員は学級の中で「異質」な存在だと思っています。教員は学級の中で唯一の「成人」であるだけではなく、「教員免許」を有し、公的に認められた存在です。 どんなにフレンドリーな立ち振る舞いをしても、逆に威厳のある振りをしても、教員の行動のあれこれが…

誰にでもできる

私は過去にとある所から依頼されて、一単元分の指導案を書いたことがあります。依頼の趣旨は、「教員経験年数が3年未満の方でも、これを見ながら授業ができる程度の難易度でお願いします」ということでした。それを踏まえて、学習活動の量はやや少な目、で…

子供達は家来じゃない

若い頃、清掃の時間、子供達に「カーペット掃除」をさせている先輩を見ました。その先輩は、子供達に掃除機を使わせていました。掃除機の使い方を説明し、注意点を伝え、後は子供達にお任せ。ゴミはどんどん吸い取られ、きれいになっていきます。その学校は…

役割分担

私は学級の中には「役割分担」があって欲しくありません。 この子がリーダー。 この子は盛り上げ役。 この子は学級のマスコット。 そして、この子は… なんてものが決まっていたら、気持ち悪い。固定的なリーダーがどれほど集団にとって害悪か!!子供達は本…

Facebookとブログ

ブログを書きながら、ちょっと悩んでいたことがある。 それは、「Facebookで繋がっている方と、私が知らないブログ読者の方との違い」である。昨夏の『学び合い』フォーラムでも、複数の方から「ブログを読んでいます」と声をかけていただいた。11月のみゆ…

妄想

許されるなら、やりたい授業がある。 「それでは、学習予定表を配布します。自分の学年だけじゃなく、各学年のテスト日程と内容を確認してね。では、今日もモリモリ学びましょう。はい、どうぞ。」 で、一日中、全校生がごじゃごじゃ学ぶ。 時間割も教科の枠…

今年もありがとうございました。

今年も残すところ、あと数時間となった。大晦日にもかかわらず、足を運んでいただき、心から感謝している。ありがとうございます。今年も、ほぼ毎日、ブログを更新してきた。毎日書くようになって分かったことがある。それは、「書くから書けるようになる」…

恥ずかしながら

この週末は、2つの原稿の校正と、みゆき会の著書「学びのカリキュラム・マネジメント」の見直しをしていた。実は私、自分の文章を読むのが結構好きだ。自分が書いたものを読みながら、「ああ、分かるなあ」なんて納得したり、「これ、忘れてたなあ」と新発…

的中率高め

今夜はどうしても眠れず、悶々として過ごしている。 11月の上旬から「嫌な予感」がしていたのだが、それが的中した。超大問題。でも、皆々様は別のことに気を取られていて、この問題の深刻さが分からないだろうな…。 私の「嫌な予感」は当たる。「こういう問…

試されてる!?

若い頃には「子供達に試されている」と感じることが度々あった。子供達が何か“悪いこと”をしたり、子供達が私に質問してきたりする時に、「これは、子供達が俺の教師としての力量を試そうとしているんだな。どんな指導をするのか、どんな答えを言うのかを見…

一生の友

今日は心から敬愛する古い友と集うために、朝早くに出発して東京へ。昨日は息子の発表会があり、明日は校内研があるので、日帰りなのが残念だ。 もう25年の付き合いになるのか。 私は「学校」のおかげで、私は一生の友を得られた。 全ての子にとって、学校が…

小さな決意

今までとちょっと文体を変えることにした。最近、書きにくさを感じていたのだ。私の文章を読んで、押しつけがましさを感じる人もいるだろう。暑苦しさを感じる人もいるだろう。うん、分かる。自分でもそう思う。が、そこに気を取られ過ぎて、書くのが面倒に…

願いを形にするということ

今日は県の某研究発表会へ。 様々な研究発表が行われる会でした。 その中で、ある方の教育相談に関する発表が心に残りました。 具体的で分かりやすい方法を提示しつつ、でも、チクリと刺す提案性もあって。「学級の今この時」を良くするというだけではなく、…

指導案作成

今夜は来週行う校内研究授業に向けて指導案作成。 今回の授業は、校内研修の今までの流れを踏まえてなので、少々悩みました。本当は「指導案作成のコツ」を書こうと思ったのですが、肩こりがひどいのでここまで。明日、書く気力があったら書きます。

弱点

昨日のセミナーを振り返って、冷静に考えてみた。すると、自分の弱点がくっきり浮かび上がってくる。まあ、分かっていたとも言えるし、分かっていなかったとも言えることだけれど。 私は、まだまだ発信チャンネルが「狭い」。 昨日の私の話は、「とても面白…

個別懇談

学芸会が終わったと思ったら、今週は個別懇談。 個別懇談自体は好きなのですが、それに伴う細かい仕事がたくさんあって、慌ただしくなってしまいます。明日は出張もあるしね。 今夜は、20日のセミナーの準備。 それなりに充実してるのかな。

お休み

久しぶりに発熱。38.9度まであがりました。 ということで、今日は記事のアップはいたしません。すみません。 せっかくの代休だったのになー。

多様な繋がり

私にはKさんという「恩人」がいます。 Kさんと出会ったのは10年ほど前のこと。当時仕事に関して悩みに悩んでいた私は、Kさんのおかげで、教員としてのスタンスが定まってきたのです。Kさんは教員ではありません(とも言えないのですけれど)。自分の知識…

周囲をぐるりと見回せば

やるべき仕事はめちゃくちゃたくさんあるのですが、学級の状態という意味では、落ち着いてきました。関係性の糸が四方八方に伸びて、流動性が生まれています。「誰にでも聞ける」状態だから、一人で勉強する子も増えています。授業中だって、無理に一緒にい…

フラットには出来ない

私は駄目な人間です。どの子にも同じように接することはできません。例えば、何か物を運ぶのを子供達に頼む時。私が「○○君、これ運んで!」という時には、きっと無意識に頼みやすい子に頼んでしまっていることでしょう。 他にも、行事や集会などでの役割も、…

子供達のせいにしたくなる時には

学級内で上手くいかないことがあった場合に、「お前たちは本気で考えたのか?」「それで一生懸命やったと言えるのか?」なんて言いたくなったり、実際に言ったりしてしまうこともあります。 が、そういう時って、大抵は私が手抜きをしているんですよね。自分…

締め切り

現在、ある団体の仕事で、今まで一緒に仕事をしたことのなかった方々と活動しております。訳あって詳細は秘密なんですけれど。 今日、それがひと段落ついたのですが、そこで自分がある種の警戒心を持って仕事をしていることに気づきました。初めて一緒に仕事…

最近、私を知った方のために

アクセス解析を見ると、このブログに新規で訪問して下さる方が大勢いらっしゃいます。また、最近、Facebookで教員以外の方と「友達」になった方もいらっしゃいます。ということで、ちょっと「自己紹介」的なエントリーをあげておきます。 私は福島県の小学校…

違っていることを自覚しなきゃいけない。

自分でも分かっている私の「変」な点に、仕事に関する優先順位が多くの方とは違う、というのがあります。他の方が大切にしていることが私には重要に思えない。逆に私が大切にしていることは、他の方が重要視していないみたい。 私は「違っていいじゃーん。っ…

今日の収穫

今日、教えてもらったのですが、私の仕事ぶりは 「真っ当な人から見たら、気が触れているように見える」 そうです(笑) いや、本当は違う表現だったのですが「放送禁止用語」だったので言い換えてます。いやあ、変態どころじゃないんだな。 念のため言って…

恩人であり、同志

昨日は、3年前に担任していた教え子達から連絡があり、中学校の文化祭へ。小学校卒業から3年。大きく成長した姿に感激して帰ってきました。 この子達は、6年前に私が初めて『学び合い』で1年間学級経営した子供達であり、2011年3月11日14時46…

染まらない

以前も書いたかもしれませんが、私は多少意図的に腹を立てることがあります。 それは、染まりたくないから。 私の弱さ故だと思うのですが、「嫌なこと」に対して黙っていると、知らず知らずの内に自分の中に入ってきて、同調してしまったり、それを当たり前…

性格が悪い

「これ」をやれば、集団が成長できると確信している。でも、必ず批判が起こると予測できる。 こういうことって、少なくないと感じています。 そんな時、もちろん私は「これ」をやります。そして、子供達に正直に言います、「これをやれば、必ず成長できる。…

耐えた1週間

13日のエントリーに書いたとおり、先週は非常に辛い出来事がありました。 週が変われば綺麗に解決!なんてことは当然ながらなく、今週はそれをズリズリと引きずった毎日。でも、あえてプラスに目を向けて、何とか乗り切った1週間でした。 だって、子供達には…

ご迷惑

子供達が何か失敗をした時やトラブルが起きた時、保護者さんから 「ご迷惑をおかけして、申し訳ございません」 と言われることがあります。その度に私は 「迷惑なんてとんでもありません。これが私の仕事ですから。」 と答えます。 子供達が失敗をする。何か…

しまった

今日、子供達に 「仲の良いふりはいくらでもできる。でも、勉強が分かるふりはすぐにばれる。だから、楽しくお喋りしてても、本当のチームワークは生まれないんだよ。一生懸命に勉強して分かった時に、本当のチームになる」 という話をしました。というか!…

一気に書いた!

今日は、「頼まれ仕事」に取り組みました。 久しぶりに「書きたいことを一気に書く」という快感を味わいました。原稿用紙に換算すると20枚強でしょうか。 仕事を頼んでもらえるというのは、本当にありがたいことです。 でも、「あの仕事」もがんばらなくて…

「愛が届く距離」ということ

昨日と一昨日、自分のやっていることを可能なかぎり「ちゃんと」言葉にしてみようと試みましたが、でも、難しいですねえ。 昨日の記事に「好かれない」と書いたのですが、「じゃあ、具体的にはどうなればいいの?」って感じる方が多そうだし、そういう「言葉…

好かれないということ

確実に「三日坊主」になると思いますが、自分のやっていることを意識的に言葉にするシリーズの第2弾。 今日は「好かれない」について。 私は「子供に好かれない」を心がけています。嫌われたり嫌がられたりしたいわけではありません。子供達との距離を遠くす…

声の出し方のこと

自分のやっていることを意識的に言語化するシリーズとして(いや、シリーズ化するかは分かりませんが)、私が意識していることをちょっと書いてみます。 今日は、私の『学び合い』を支える基礎技術として、「声の出し方」について。 私が使い分けている声の…

認めたくないものだな

若い時には「不満」を抱えて仕事をしていました。何となく焦って、イライラしていました。 今思うと、あの頃の不満は「成りたい自分に成れない不満」だったのかも。 ボンヤリと抱いている理想の教員像にほど遠い現実。そこに至る道程が描けない。そもそも、…