『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


自分のあれこれ

リハーサル

私は、人前で話す機会がある時には、できる限りの事前準備をします。今日は、土曜日に参加させていただくセミナーに向けてのリハーサルを一人でしていました。 先月の大阪での話は、30分で収めることを優先し過ぎて、語りきれないことが多々出てしまいました…

仕事が遅い

時々、周囲の方から「仕事が早い」と言われます。が、そんなことはありません。人より早く仕事に取り掛かるから、先に終わっているだけです。 今日は、学校の学期末の風物詩である「あの仕事」がほぼ終わりました。でも、先週から手をつけていたのです。むし…

判断基準

複数の方が書いていらっしゃるのを読んだことがありますが、教員の児童に対する立ち振る舞いが「アリかナシか」を考える基準として、もしも校長が部下の教職員に同じような立ち振る舞いをしたらアリかナシか、というのはとっても有効且つ大切な指針だと考え…

まずいぞ!

昨日、こんなことを書きました。 理解されないくらいでちょうどいいのかもしれません。 いやいや、これはまずい。 私はもともと内向きな性格です。以前は「俺の実践を分かられてたまるか!」なんてうそぶいていたくらい。これは、自分の実践を高めていきたい…

序列の崩壊

私の学級経営の大きな弱点に、「学級内の序列が急激に変化し、一部の子が“急落”してしまうこと」があります。私は、多くの小学校の学級が「先生君主制だ」と感じています。専制君主制をもじったダジャレです。「学級王国」という言葉があるくらいですから、…

良い授業

32歳だった私は、良い授業をしたい!と考えに考えた末に『学び合い』に出会いました。だから、「良い授業」の延長線上に「一人も見捨てない」=教え子の将来の幸せがあるのだと、かつては考えていました。 けれど、その考えはすぐに崩れ去りました。私がち…

資料作り

今日は、来週に大阪で開催されるセミナーと、来月に札幌で開催されるセミナーの発表準備をしていました。 大阪の話は、明るい話です。 札幌の話は、暗い話です。 大阪の準備が終わってから札幌の準備に取り掛かったのですが、順序を逆にすれば良かったと後悔…

小六教育技術12月号

現在発売中の「小六教育技術 12月号」に原稿を掲載していただきました。「アクティブ・ラーニング型授業のリフレクションと評価」という企画で、私は「振り返りジャーナル」や「全員達成の確認」、「テストの得点分布グラフ」を紹介し、振り返りや評価は、積…

超えるしかない

今日は、私が「師」とあがめる先生の話を久しぶりに聴きました。講義ですけどね。久しぶりに聴いたら、やっぱりおもしろい。いつも斬られまくっていた20代の頃を思い出しました。話を聞いてもいっさいメモなんて取らなかったけれど、大切な話はすべて覚えて…

感謝の心を忘れない

今の私のテーマは、『学び合い』の「外」の方々との繋がりを増やすことです。今年は『学び合い』の会以外での発表の場を頂いたり、『学び合い』関連以外の原稿依頼を頂いたりすることができました。それに伴ってか、このブログも『学び合い』による授業を実…

遠慮しない

今日はとある研究会に参加してきました。私が参加した分科会は、20名くらい。年齢は私が下から2番目でした。(多分、ですが。) 数年前までは、こういう時は「黙っておこう」と思うタイプだったんですよ、実は。周囲を見て、積極的に話す場と遠慮する場を分…

やれることをやるしかない

私は『学び合い』が広まって欲しいと願っています。それは、我が子のため。我が子が人生の中で一度は『学び合い』の学級で学んで欲しいのです。『学び合い』の学級を経験しているか否かは、人生を大きく変えると思っているからです。また、同時に「一度じゃ…

苦戦

今年は学級経営に苦戦しています。と書いてから気付いたのですが、そう言えば、毎年苦戦していますね。悩みながら仕事をするのが、私のスタイルなんでしょう。 思い出って絶対に美しく飾ってしまうから、過去の仕事を思い出して、「あの時のクラスは良かった…

今年も

今日は学習発表会の代休。あまりにも体調が悪く、横になって過ごしていました。寝るつもりもなかったのに熟睡してしまい、あれ?と思って検温したら、37.5度。ということで、今も横になっています。 もしや、と思って検索したら、昨年も学習発表会の代休には…

すんでの所で気づく

昨日のエントリに少々反応をいただきました。メッセージやコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。もちろん、私も悩むし、苦しみます。教育という営みは難しく悩ましい。心からそう思います。 せっかく反応をいただいたので、昨日の続きを書き…

教えることは学ぶこと

今日は、後輩のO君に頼まれて、若い先生方の勉強会に参加し、教材研究の話をしてきました。話過ぎないように気を付けたけれど、30分かかってしまいました。中身のある話をしようとすると、そのくらいになってしまうなあ。 そこでアレコレ話しながら、頭の中…

迷いましたが

恥ずかしいので、紹介するかどうか迷ったのですが…。小6教育技術さんの企画で、西川先生、堀先生と鼎談させて頂きました。 小六教育技術 2017年 10 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/09/15 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 緊張…

楽しみがあるから、頑張れる

娘の誕生日プレゼントに3DSを贈りました。今まで友達がやっていても我慢していたので、すこぶる嬉しそうです。 約束は、宿題などやるべきことが終わってからやることと、1日30分、の2つ。今日もさっさと宿題を終わらせて、30分やってました。 ゲームがやり…

気合い

以前も紹介しましたが、12月に札幌にお伺いします。 12月16日 第2回インクルーシブ教育セミナー2017師走in札幌(北海道) 私は、発信の場を与えて頂いた場合、直ぐに構想を練ります。時間的に余裕がある場合は、2カ月前には話す内容を固めておきます。急な依…

影響力

自分に甘くなりがちな私は、良い影響に関してばかり意識して、悪い影響は考えないことにしがち。 「この子はどうして、これができないんだろう」 なんて言ってしまうことがあるけれど、もしかしたら、私ができなくしているのかもしれないのに。担任が児童に…

本気キャラ

自分で言うと恥ずかしいですが、恥ずかしさをこらえて、私がここ数年で作ってきた「キャラクター」を自己分析すると 「普段は駄洒落ばっかり言っていて、気さくなフリをしているが、時々、本気で怒る。でも、学級のことを本気で愛している人でもある」 とい…

板挟まれて、いいじゃない!

Aさんは聡明で、私には思い浮かばないことをどんどん実行されます。アイディアが豊富なだけじゃなく、行動力もあります。まさに、イノベーター!そんなAさんを私は尊敬しています。 Bさんは人柄が温かい。フットワークも軽い。話し振りも知的。品性が高い。…

赤裸々

まだ主催者さんからアナウンスされていないのですが、11月には西の方へお伺いする予定です。また、先日お知らせしたとおり、12月には北海道へお伺いします。 そこで何をお話しするかあれこれ考えているのですが、多分、どちらも私の「苦しさ」について話すこ…

冬の札幌

また、北海道・札幌にお伺いすることなりました。前回は真夏でしたが、今回は冬の札幌です。 12月16日 第2回インクルーシブ教育セミナー2017師走in札幌(北海道) 今回は「インクルーシブ」のセミナーです。 私は「気になるあの子」をどうやって救うか、悩みに…

可愛くて仕方がない

子供と接する時「この子は可愛くて仕方がないなあ」と思い込むようにしています。人と人の関係ですから、合う合わないは付き物かもしれません。子供が私を嫌いなこともあるでしょう。でも、私にとっては可愛くて仕方がない子なのです、どの子も、掛け値無し…

立ち位置

人の振る舞いって、相対的なもので決まると感じます。少なくとも、私自身の職場での立ち振る舞いは、周囲との関係で変化してきたと言えます。しかも、「関係性が良い・悪い」というよりも、年齢構成や男女比といった自分では変えられないものに左右されるこ…

メジャー

日本で最もメジャーな教育雑誌と言えば、小学館さんの「教育技術」を挙げる方が多いのではないでしょうか。その「小六教育技術」9月号に寄稿しました。 小六教育技術 2017年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/08/16 メディア: 雑誌 この…

エネルギー切れ

ブログ更新が止まってしまってすみません。 ネットとは違う「仕事以外の活動」に精を出しておりました。 まもなく更新を再開できそうです。

「何で見捨てるんだ!」

私が『学び合い』を始めたばかりの頃なので、7年前の話です。 その当時は、今ほど『学び合い』の「やり方」についての本は揃っていませんでした。私は、西川先生のサイトにアップされていた「『学び合い』の手引き」を頼りに、『学び合い』を実践していまし…

リアル

今日は出張。任意参加の団体なのに事実上悉皆という研修会でした。私は「頼まれたら断わらない」を心掛けているので、一日中、会の進行や協議会の司会をして過ごしました。どうせ出るなら、当事者意識を持ってやる方が楽しいですからね。 午後の最後に、県内…