『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


自分用メモ

だからこそ

今日は杉山さん主催のオンライン読書会に参加させて頂きました。その中でお話したことを、自分用のメモとして、書いておきます。 『学び合い』に向かない子を目にする度に、「だからこそ、『学び合い』が必要だよな」と感じます。人と関わることが苦手。適切…

正しくない

自分の「正しさ」をアピールしたくなって、他者の「間違い」をことさら強調し過ぎてしまうことがある。「あの人はダメだ」なんて言い方はしない。ちょっと遠回しに 「いやあ、あの人にはびっくりさせられるよね、色んな意味で」 「俺には理解できないなー」 …

覚悟

今日、ある決断をしました。 やるしかない。

誠実に

教員は、子どもたちの「力不足」を責めてはいけないし、できないのを子どもたちのせいにしてはいけない。私はそう思っています。 「どうしてこんなこともできないんだ!」 「ちゃんと話を聞いていなさい!」 かつてはそんなことを言ってしまったこともありま…

悪口

こうして「ブログ」というオープンな場で意見を述べていると、時々ではありますが、コメントやメッセージやメールなどをいただけることがあります。反応があるというのは、ありがたいことです。読んでくれている方がいるというだけで、やる気が上がります。 …

一人も見捨てない

原稿を書いていて、たった今浮かんだ言葉。 『学び合い』の根幹となっているのは、「一人も見捨てない集団を作ることは、個々にとって大きな利益となる」という考え方です。私はよく「学級全体のことを考えると、自分にとっても大きな得になるよ」という言い…

問われたから気付く

今日はある方と約3時間の対話。その中で 「子供達に『日本一のクラスにしよう』と宣言することと、普段の授業の間には何があるのか。普段の授業や語りかけだけでは、日本一に結び付かないよね」 という趣旨のご質問をいただきました。その瞬間、私の頭に何か…

分かっているけど、やっぱり悔しい

今年度が終わりました。 今年度は、たくさんのチャレンジをしました。前任校を3年で出たのもチャレンジの一つ。9年間単学級の学校で働いたので、複数学級ある学校でチャレンジしたかったのです。他にもチャレンジしたことはいくつかありますが、その中でも、…

それでも、何とかしよう

私の考える『学び合い』とは、どんなものなのだろう。 今までに「教育とは◯◯のためにある」という言葉を目にしたことが何度かある。でも、全ての子供がそれを達成することができるだろうか。多分、無理だろう。 しかし、それを達成できなかっとしても、その…

許すまでの時間

人は「許す」のにどれくらいの時間が必要なのでしょうか。例えば「いじめ」の被害者が加害者を許すには、どれくらいの時間が必要なのでしょう。比較的短時間で許せる場合もあるでしょう。でも、一生許せない場合もありそうです。 そういう私も「一生許せそう…

授業構成と知識の組み合わせ

『学び合い』で大切なのは、1時間の課題づくりよりも、単元や年間を見据えた授業の構成。 今までは「繰り返し」を意識してきたけど、多分、それだけじゃ足りないんですよね。今、浮かんでいるのは「知識の組み合わせ」。学びのカリキュラム・マネジメントも…

期待しない

今日、本校に時々いらっしゃるスクールカウンセラーさんと久しぶりにお話をしました。私が学級経営上で意図してきたことを見取って理解してくださっていることが分かり、思いがけず感度してしまいました。 理解してもらえるというのは、嬉しいことです。 で…

逃げていい

いじめを完全になくせるのは「いじめは完全になくせる」と信じている教師だけだ。と言ったのは、確か西川先生だったと思います。私もそう思います。 「いじめはなくならないよ」と言う教員のクラスでは、絶対になくならないでしょう。 「いじめはなくせる」…

書くと決めたら、とにかく書く

今日も熱が下がらず、寝ています。朝になると下がるし、学校に着くと元気になるんですけれど。 ということで、今日は内容があることは書けません。すみません。でも、「今日は書きません」ということも含めて、とりあえず書きます(笑) やろうと思ってもや…

心の進化

正月にこの本を読みました。 こころをよむ 心の進化をさぐる―はじめての霊長類学 (NHKシリーズ) 作者: 松沢哲郎 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2017/09/26 メディア: ムック この商品を含むブログを見る ネットで検索していて、ビビッときた本でした。こ…

同窓会

昨日は中学の同窓会でした。卒業してから25年。みんな変わっているような、変わっていないような。確実に変わったのは見た目。太ったり、白髪がでてきたり、髪の毛をどこかに置いてきていたり。中身ももちろん、変化しています。幹事の友人は、家業を継ぎ「…

TPチャート作成ワーク

今日は、『学び合い』仙南の会。東京都立K高校の大野さんをお招きしての「自分の理念・信念と出会い直す 〜TPチャート作成1dayワーク〜」でした。いやあ、楽しかった! TPチャートについては、こちらをご覧ください。 →TPチャートとその使い方 - ティーチン…

将来、役に立つ

今日は疲れていて長い文章を書く気になれないのですが、今度、ゆっくり書くためにメモしておきます。 子供達を幸せにするためにも、将来役に立つ教育をしたいと思います。が、多分、学校で教える知識に関しては、あまり役に立たないかもしれません。まあ、役…

『学び合い』の障壁

何度か書いていますが、「一人も見捨てない」と「みんなができる」は一致していません。「一人も見捨てない」を実現する初期段階として、「みんなができる」という目標を設定することはありますが、でも、あくまで集団作りの通過地点です。「みんなができる…

感謝の心を忘れない

今の私のテーマは、『学び合い』の「外」の方々との繋がりを増やすことです。今年は『学び合い』の会以外での発表の場を頂いたり、『学び合い』関連以外の原稿依頼を頂いたりすることができました。それに伴ってか、このブログも『学び合い』による授業を実…

薬はない

「効果がない」どころか「逆効果だ」と分かっているのに同じような指導を繰り返してしまう時があります。それは多分、以前の自分の失敗を認められず、「もう一度やれば奇跡的に効果があるかもしれない。そうなれば、以前の失敗を帳消しにできる」という、自…

できた!

ということで、指導案完成。 今日はもう仕事しません!ブログも書きたくありません!

指導案

11月に学校訪問があります。11月の仕事は9月中に終わらせてやるぜ!ということで、これから指導案を書きます。もちろん、まだ本当の意味で完成はしないでしょうけれど。 勤務地では最近になって採用する教科書会社が変わったこともあり、初めてやる題材…

定期的に書いておく

忘れてはいけないこと。 私は「頭がおかしい」のです。そういうことにすれば、ホっとする人たちがいるのです。他の方々の意見と合わないのは仕方がないのです。無理に合わせる必要はありません。合わせちゃダメ。だって、私の頭はおかしいのだから。 私が「…

逃げない

「大切なことが、分かったような気がする」とか「大きな学びを得ることができた」とか曖昧なことを言っているうちは、成長できないのではなかろうか。 何が分かったのかを書かなければいけない。 何を学んだのかを示さなければいけない。 それによって、どん…

価値観づくり

『学び合い』による授業の初期、ざっくり言って4月から5月。私は「集団が有能さを発揮できる状態」を作ることに力を注ぎます。それはいわゆる集団づくり・関係づくりというだけではなく、価値観づくりとでも言うべきでしょう。 集団の中に、『学び合い』の…

リアル

今日は出張。任意参加の団体なのに事実上悉皆という研修会でした。私は「頼まれたら断わらない」を心掛けているので、一日中、会の進行や協議会の司会をして過ごしました。どうせ出るなら、当事者意識を持ってやる方が楽しいですからね。 午後の最後に、県内…

甘い

今日は札幌でのセミナーに参加し、発表もさせて頂きました。運営の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました。 早く寝たいところですが、それでも書いておかなければいけないのは、やっぱり、多様な繋がりは「得だ」ということです。『学び合い』の会やみ…

覚悟

明日は札幌に向かいます。 日曜日のセミナーは楽しみなんですが、その前に明日、極めて厳しい「修行」の時間が待ち受けています。詳しいことを書くと、他の方に迷惑をかけてしまうかもしれないのでやめておきますが、それはそれは恐ろしい企画なのです。 は…

自分のことだけ

周囲のことを考えず、自分のやりたい仕事を、やりたいようにやれたら、楽しいのでしょうか。 以前は、そんな仕事の仕方をしてみたいと、何となく妄想していました。でも、今ははっきりと思います。自分のことだけを考えて仕事をしても、楽しくはないどころか…