『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


自分用メモ

にじり寄る

一年前に「ある方」が私の学級に遊びに来てくださった時に書いた振り返りの文章を読み返しました。普段はあまりそんなことはしないんですけれど。 最後にこんな言葉が書いてありました。 ○○さんは「一人も見捨てない」とは言わない。教師にそんな力がないの…

自分が一番辛いと思う奴にはならない

「私は、ストレスに弱いです」と書こうとして、やめました。自分が「特に」弱いと考えるのって、なんか違うなあと感じたからです。 私が今感じているストレスって、単純に転勤したから感じているものです。転勤直後にストレスを感じるなんて、ありふれたこと…

ISOにすれば早い

今日は、卒業記念DVDを作成。 1枚目を作った後にリッピングしてISO化したから、明日からは焼きまくるだけだー。作業効率を考えて、ちょっと画質を落としたので、大画面テレビで見るとちょっと物足りないかもしれないけど、学校の低スペックPCで焼くので許し…

忘れないように

4月からは、新しい学級で授業がスタートします。何年生担任かはまだまだ分かりませんが、でも、学級が変わるのは間違いありません。だって、今は6年担任だから。 4月はいつも戸惑うのです。 というのは、『学び合い』学級では、最初の1週間に担任がやるべき…

伝える

完全に自分用のメモです。 『学び合い』の理論はこうです。こんな問題が発生しました。それならこう対応しましょう。と順序立てて説明すると、どうしても「その前提は正しいの?」という疑問を持たれてしまう。 それよりも、帰納的な説明がいいのかもしれま…

負けているなあ

子供達の行動を見ていると「優しいなあ」と感じる。例えば昨日、帰りのあいさつをする直前に、ウチのクラスの愛すべきお調子者A君が教室の鉛筆削りを落とし、中の削りカスが散乱するという事件が発生した。「あ!」というみんなの声と1秒ぐらいの間の後、踊…

もっと多様に

私がちょっと前から考えていることです。 私は、自分の学校の後輩や近くの仲間に『学び合い』を広げてきました。私の周囲でじわじわと『学び合い』を実践している人が増えています。こういった仲間は、ネットや本を見て『学び合い』を始めるタイプでありませ…

指導案は1日で書く

昨日のエントリーに書いたとおり、来週は校内の研究授業。その指導案を、昨日は1日で書きました。だいたい、学校で2時間(後輩への助言&雑談を含む)、家で2時間くらい。本当は3時間で書きたかったのですが、まあ、学校ではおしゃべりばっかりしていたの…

焦る

子供達の苦しさと保護者の悲しみを感じれば感じるほどに、焦ります。学校は変わらなければならない、と強く感じます。 『学び合い』に賛否があるのは知っています。『学び合い』の難しさも分かっています。けれど、私は現状が良いとは全く思えません。 少し…

染まらない

人の話を聞いているうちに、知らず知らず「染まっていく」ことがありませんか?私は時々あります。 楽しい話を聞いているうちに、何だか楽しい気分になっていたり、失敗談を聞いているうちに不安になったり。そして、子供達への指導も。元々は違う指導をして…

地ならし

短気でワガママな私は基本的にイライラしています。例えば、 「自分が新しいことから逃げ切れそうだからと言って下の世代にも同じ行動を強要するのは止めて欲しい。 あと数年なら可能かもしれない。どうぞ逃げればいい。 でも、こっちは20年以上あるのです。…

国語の授業

良いか悪いかは別にして、「国語の授業」と言えば「文学教材」というイメージが根強いなあと思います。教育書コーナーに並ぶ国語の本も、研究授業で扱われるのも、文学教材が多いですよね。 でも、良いか悪いかは別にして、私が教員になったばかりの頃と比べ…

気を付けないと!

今日は隣町にあるJAXAの施設が一般公開の日だったため、見学に行ってきました。 そこで、JAXAの職員さんから沢山の話を伺いました。見学者用にちょっとした説明会のようなモノもあり、その話も面白かったのですし、案内に立っている方がサラッとしてくださっ…

思い付き

「遊び」の中から子供達が「学び」が得られる集団と、「学び」をあたかも「遊び」のように楽しむ集団は似ているのかもしれません。 「遊び」を楽しめない集団と、「学び」を楽しめない集団も似ているのかもしれません。 確かめたわけではありません。根拠も…

神は細部に宿る

ある方と「対話」をしている中で、大切なことに気づくことができました。私は『学び合い』の理論は正しいと確信しています。けれど、『学び合い』だけが正しいとは思っていません。また、『学び合い』は正しいけれど、完璧だとは思いません。ですから、『学…

下書きです。

私は何の変哲もない教員です。でも、『学び合い』と出会ってから、学級の中で感じる「小さな幸せ」がちょっとずつ大きくなり、「幸せ」に出会える数も増えているなあと実感しています。学級の中で起きる小さなドラマに胸が熱くなったり、涙がこぼれたり。そ…

しなやかに、したたかに。

昨日のエントリーに、Facebook上で多くの方からコメントやシェアを頂きました。予想もしていない反応にちょっとビックリ。 「後輩君」は数年前から現在までの私をモデルにして書いた姿です。もちろん、フィクションですし、思いっきりデフォルメしていますが…

頑張っているようだけれど

先輩「やあ、後輩君。」 後輩「あ、先輩さん。いつもお世話になってます。」 先輩「今日は一つ、忠告があるんだよ。」 後輩「はい。何でしょうか。」 先輩「後輩君はちょっと変わった授業をやっているよね。」 後輩「はい。」 先輩「えーと、何だったかな。…

感謝

先月末に授業参観に来てくださった石川さんが、参観レポートをアップしてくださいました。 suponjinokokoro.blog112.fc2.com 極めて多忙にもかかわらず、書き上げてくださったことに心から感謝いたします。 レポートにも書かれていますが、5月末の学級です…

石川さんがいらっしゃいました

今日は、遠路はるばる石川晋さんが教室に来て、一日中、教室を参観してくださいました。なんと、放課後には、陸上指導までしていただいて(笑)。多分、日本全国の中でも石川さんにソフトボール投げの指導をしてもらった子なんてそうそういないでしょう。まだ…

普通じゃない

先日、保護者さんと話していて、改めて感じました。私は多くの方から見れば「変な先生」なのですよね。ちょっと前に、ある方からは「なおたかさんは、スーパーな立ち位置にいるんだから」と言われ、あまりの意外さに絶句しました。私は、自分のことを「スー…

分からない

私が「素晴らしいなあ」と感じる人が「素晴らしい!」と評しているけれど、私にはその素晴らしさが分からない。最近、そんなことが複数重なりました。「えー!?そんなに良いのかなあ。でも、あの人が言うんだからなあ。うーん…」しばらく悩んで、小心者の私…

見えている

ちょっと精神的に疲れています。今やっている授業の「次」が見えているのですが、踏み出せずにいます。多分、通常の自分だったら、見えた段階でやっていると思います。が、ちょっと二の足を踏んでいて・・・。その授業がうまくいくかどうかが心配なんじゃな…

授業で大切にしていること

考えを整理するために、まとまりませんが書いておきます。 私が授業で大切にしているのは 明確な目標を設定すること 児童のつながりを阻害しないこと 児童の多様性を生かすこと 児童自身が評価できること 繰り返しがあること かなあ。 1と4は同じことかな…

最後まで焦らず

「教員がスーパーな力を身に付けて、それを発揮し、素敵なクラスを作る」自分にはそんなのは無理!と分かっているのだけれど、でも、このとらわれからはなかなか脱することはできません。自己顕示欲が強過ぎるのでしょうか。自分の限界が分かっても「素敵な…

本当に多様性を求めているかな?

学級では、いろいろなことが起こります。 例えば、テストを返した時。ちょっとイマイチな点数だった友達のテストを見て 「えー!50点なの!?」 なんて言ってしまった。言われた方は嫌な気持ち。 そんなトラブルが起きた時。

無意識を言葉にする。

私にとっては、私の仕事の仕方や学級経営や学級の姿は「普通」です。少しでも良い学級にしたい、良い授業をしたい、良い教員でありたい、と願って仕事をしていますが、自分の限界はよくよく分かっていますので、「できる範囲で」良いものを目指しています。…

またもや下書きですみません。

『学び合い』授業参観時のお願い 参観時は、次の3点について、お願いします。

また、下書きです。

3 授業観 では、これらの学校間・児童観に基づく授業は、どのような形になるでしょうか。

発展

「発展的な学習」という言葉をよく耳にします。 この言葉に対して、 教員が設定するもの という捉え方と、 教員の想定を超えるもの という捉え方があるように感じます。 どちらが良いのかは分かりません。ケースバイケースなのかもしれません。私自身、授業…

下書きです。

『学び合い』(二重かっこ学び合い)とは上越教育大学教職大学院の西川 純(にしかわ じゅん)教授が提唱する教育理論です。その理論はたった3つの考え方が基本となっています。その3つの基本的な考え方は、以下の通りです。 第一は、「学校は、多様な人と…

「質問づくり」&『学び合い』

以前も書きましたが、「質問づくり」というメゾット(と言っていいのかな?)を授業に取り入れてみました。とりあえず、今のところは国語で2単元実践しました。 たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」 作者: ダンロスステイン,ルー…

心から語る

今日はマラソン大会でした。 私は子供の頃、走るのがそれなりに得意でした。私の記憶では、校内の大会では、いつも1位か3位。なぜか2位は無かったと思います。なぜでしょうね。また、地区の大規模な大会で入賞したこともあります。 だけど、というか、だか…

見えやすい

昨夜、ふと浮かんだことです。私は、一斉指導が全く駄目だとは思いません。ほとんどの子供達が、一斉指導型の授業でも特に困ることなく学んでいると思います。でも、「ほとんど」じゃ嫌だから『学び合い』なんですよねえ。『学び合い』で授業をすると、ほと…

質問づくり

今、国語で新しい実践をやっています。 www.amazon.co.jp この本に紹介されているメゾットで、児童が「問い」を立て、それを探求する学習です。 最初に取り組んだ単元は「ごんぎつね」でした。 例えば ごんはうたれた時は幸せだったのか。 ごんはうなぎをぬ…

わたしたちのきょうしつ

読もうかどうかちょっとだけ迷いつつ、昨日のもやもやを吹き飛ばすために、この本を拝読しました。 みんなのきょうしつ 作者: 岩瀬直樹,中川綾,西原理恵子 出版社/メーカー: 学事出版 発売日: 2015/10/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブ…

影響力

教員の持つ影響力ってすごいなあと思います。 教員が言った通り、思った通りのことが教室で起きることはめずらしくありません。 「この子達は凄い!」と思っている担任のクラスは、どんどん成長し、凄い姿を見せてくれます。 「この子達は本当に・・・」と思…

1000時間

今日は勤務地のサッカー大会でした。 私の学級も出場し、とても良い結果でした。 ですが、良い結果だったからこそ自分のために書いておきます。 イベントや行事の類というのは、子ども達の頑張りが見えやすいですし、そういう姿に感動させられます。 でも、…

教えればできるの?

「○○は、教師が教えなければ分からない。子ども達だけでは無理だ」と言う方に度々会います。本当なんでしょうか?例えば、物語文の学習で、登場人物の心情がどのように変化するのかを読み取る授業。情景描写を読み取ったり、複数の登場人物の言動を対比させ…

『学び合い』で困る時

アイディアのメモです。 1 TTの教員や支援員が教えちゃって困った! 2 「やる気がない」と批判されて困った! 3 「来年が心配です」と言われて困った! 4 他の先生から「私の授業だとちゃんとやらない!」と言われて困った!

告知ー

本日、決めました。12月ごろに、アクティブ・ラーニングに関する研究会を開催します。どの程度の規模になるかは不明ですが、自主研究会って感じですかね。内容は、わたしの授業+α!これから何か考えます(笑)プランは5つ思い付きましたが、どうかなあ。実…

今日の自評

今日の分科会、自評で話すことの「下書き」を書いておきます。 今日は忙しいところ、お越しくださいましてありがとうございました。 さて、今日の授業は「物語を書く」という単元でした。中学年の「書くこと」の授業では物語文を書く活動がよく行われますよ…

『学び合い』で困る時って?

『学び合い』で困る時 バージョン1 子供達が学び合わなくて困った 誰も教えに行かないぞ!? 「教えて」と言えずに一人ぼっちの子がいるぞ!? 決まったグループだけで話し合っているぞ!? 課題設定で困った ほとんどの子が課題を達成できないぞ!?想定と…

皆様にお願いです。

昨日は、わたしが勤務地で開催している学習会でした。毎回、5人とか8人とかでやっている小さな会です。 昨日は、若い先生の指導案検討と、わたしが企んでいる「ケーススタディ本」の形式を試すための相談をさせてもらいました。本当は『学び合い』のケース…

人それぞれですよね。

わたしは子供の頃からキャンプが好きです。テントを張って、火を起こして、夜はビール、朝はコーヒーを飲む。ちょっとしたことが、野外だと非日常のイベントになります。今回のキャンプは初めて組立式の小さな天体望遠鏡を持って行ったのですが、月のクレー…

発信するということ

「分かる人だけ分かればいい」という無責任な放言でもないし、「多くの人に分かりやすく」という迎合でもなく。自分の信じているものを、濃いものを出したい。きっとそれを咀嚼し、吸収してくれる人がいるはずだから。「一人も見捨てない」と言ったって、わ…

涵養

今日は福島で、3名のやる気溢れる実践家さんと2名の変態さんのお話を聞いてきました。 久しぶりの研修への参加。ちょっと緊張しました。 各実践発表や講座の内容については盛り沢山で書ききれないのですが、わたしの中で「!!!」という発見があったので…

次の言語化課題

本当は、「旗を立てる」の続きを書こうと思っていたのですが、どうしてもメモしておきたいことがあるので書いておきます。 さて。 みゆき会の三人が使う言葉で 任せるけれど、委ねない。 というものがあります。「どんな結果になっても別にいいよ」なんて風…

第7回仙南の会でした。

本日は、第7回仙南の会でした。 仙南の会は1周年だそうです。おめでとうございます。 主催のG先生のお人柄もあり、毎回のように新しい参加者さんがいらっしゃいます。素晴らしいことです。今回は20名程の参加だったと思います。 自己紹介の際にお話しし…

せっかくだから

せっかく新しいブログにしたので、新しい企画でも立てておこうと思います。 「○○のイメージ」の話かなあ、やっぱり。 『学び合い』の典型的な「失敗」のイメージってどんなものでしょう。 子供達が『学び合い』が嫌だと感じている 子供達が何を勉強すれば良…