『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


指導力不足教員

私は指導力不足教員です。 どう考えても、私自身の指導力が十分とは思えません。 ですから、今までは、自分の指導力が十分であるかのように振る舞う方々を見て、羨ましく感じていました。いいなあ、俺もなりたいな、「指導力十分教員」にって思っていました…

危うさ

私は、自分の中にある種の危うさや脆さを抱えている、という自覚があります。 1万字くらいの文章を1日で書いたり、些細なことで「激昂」と言っていいくらい腹を立てたり、世の中の「正しさ」をまったく正しいと思えなかったり。 こういう自分の「危険性」が…

指導する?支援する?助言する?

ふと思い出したことです。少し前に「指導か、支援か」という話を聞いたことがあります。教員は児童に対して「指導」すべきなのか、それとも「支援」すべきなのか、そんな話だったと記憶しています。「教員は指導はせずに、児童の自主性を尊重し、児童や学び…

自立

昨日の給食はカレーでした。 準備が終わり、さあ食べようという時間になった時、何だか子供たちがワチャワチャとしています。どうしたんだろう?と思いつつ、嫌な雰囲気ではないので、声はかけませんでした。 動きが収まり、食べ始まる直前に一人の子が報告…

負けるな!

私は、多くの人ができないことができます。 でも、多くの人ができることができません。 それはとても苦しいことです。 そして、その苦しさは多くの人には分かってもらえません。これがとてつもなく悲しいのです。 子供たちを見ていると、そういう子を時々見…

面白い!

以前も書きましたが、現在、市の研究物展に出す「まとめ」を書いている真っ最中。しかも二つ書いています。 一つは、学校全体のまとめ。研修主任の先生を中心にみんなで書いています。私は自分の授業と、9月に行った校内研修について担当。岩瀬さんに来てい…

不思議

学級では、卒業文集に載せる作文を書いています。ほとんどの子が書き上げたのですが、一人、なかなか筆が進まない子がいました。 周囲の子も相談に乗ってあげていましたし、私も助言もしましたが、なかなか進みません。とうとう、他の子は清書を仕上げたのに…

研究物

今、市内の研究物展に出す作品を書いています。同僚のO先生との共同出品。 タイトルは「中堅教員と若手教員によるブロックでの協働的授業づくり」です。 私と若いO先生がどんな風に授業づくりに取り組んできたのかをまとめています。「出す」と決めたのは…

異質

教員は学級の中で「異質」な存在だと思っています。教員は学級の中で唯一の「成人」であるだけではなく、「教員免許」を有し、公的に認められた存在です。 どんなにフレンドリーな立ち振る舞いをしても、逆に威厳のある振りをしても、教員の行動のあれこれが…

子供たちのもの

3学期。気が付けば、やっぱり言っているこのセリフ。 「もう授業、終わってね。時間過ぎてるからね。次の◯◯に間に合わないよ。」 担任に注意され、仕方ないなあという雰囲気で勉強を止める子供たち。 こうなるのは、私の中に「授業は子供たちのもの」という…

祝・重版!

みゆき会の記念すべき第一冊目の著書「子どもの書く力が飛躍的に伸びる! 学びのカリキュラム・マネジメント」がめでたく重版となりました。 これも手にとってくださった皆様のおかげです。ありがとうございます。もし、「カリキュラム・マネジメント」や「…

もん!

現時点である程度の地位にある方が「今までもアクティブ・ラーニングの授業は行われてきた。」と発言するのを度々耳にするが、その度に、 「俺の授業でも、子供たちはちゃんとアクティブだったもん!子供たちが話を聞いているだけにならないようにいろいろや…

誰にとって?

子供達の姿を見て、「この子は頼りになるなあ」と感じることがありませんか?私はあります。でも、そこで一歩立ち止まって、「誰にとって?」と考えることを大切にしています。というのは、どうしても“教員にとって”頼りになる子に目が向きがちなんですよね…

主体的に判断するために

国語の課題に「言葉の意味調べ」というものがありますよね。これって全国共通でしょうか。 小学校教員以外の方や知らない方のために書いておくと、「教科書の中から分からない言葉を選んで、国語辞典で意味を調べる」や「教員が選んでおいた言葉について、国…

じわじわと

自習の補欠指導に入ったあるクラス。 先生からの指示が黒板に書いてありました。 1時間目 算数。P○○。(学び合い) おお!と思い、授業の始まりに短く語りました。 「勉強は、自分が問題を解けるようになるのがゴールではないよ。自分が説明できるようにな…

誰にでもできる

私は過去にとある所から依頼されて、一単元分の指導案を書いたことがあります。依頼の趣旨は、「教員経験年数が3年未満の方でも、これを見ながら授業ができる程度の難易度でお願いします」ということでした。それを踏まえて、学習活動の量はやや少な目、で…

子供達は家来じゃない

若い頃、清掃の時間、子供達に「カーペット掃除」をさせている先輩を見ました。その先輩は、子供達に掃除機を使わせていました。掃除機の使い方を説明し、注意点を伝え、後は子供達にお任せ。ゴミはどんどん吸い取られ、きれいになっていきます。その学校は…

役割分担

私は学級の中には「役割分担」があって欲しくありません。 この子がリーダー。 この子は盛り上げ役。 この子は学級のマスコット。 そして、この子は… なんてものが決まっていたら、気持ち悪い。固定的なリーダーがどれほど集団にとって害悪か!!子供達は本…

同じ言葉でも

今日、私以外の先生が私の学級で授業している時に、用事があって教室に居たのですが、その時に、一部の子供達にこんな言葉をかけました。「ちょっとおしゃべりが多いんじゃない?『学び合い』とただのおしゃべりは別だよね。」(ちなみに、私以外の先生も部…

振り返り

正月明けに「せっかく新学期が始まる時期なのだから、新学期スタートにどんなことを気を付ければいいのかを書こう」と考えていたのだが、あまりにひどい文章になってしまって、アップするのをやめてしまった。文章がひどいのはいつものことだが。 やっぱりブ…

3学期のスタート

3学期がスタートした。 最近は、新学期の始まりにいつも感じるが、もう少しゆったりとスタートできないものだろうか。今日は1校時目に始業式。その後に学活があって、3校時目には国語、4校時目には算数。国語の時間は声のトーンが高くて「ああ、調子イマ…

Facebookとブログ

ブログを書きながら、ちょっと悩んでいたことがある。 それは、「Facebookで繋がっている方と、私が知らないブログ読者の方との違い」である。昨夏の『学び合い』フォーラムでも、複数の方から「ブログを読んでいます」と声をかけていただいた。11月のみゆ…

卒業文集

1月中に「卒業文集」を仕上げ、印刷屋さんへ送らなくてはならない。6年担任をやると、「卒業文集」が本当に大きな負担になる。 子供達にとっても大切だが、保護者さんにとっても「一生モノ」の思い出になる物だろう。だから、少しでも良い物を作り上げて欲…

安くするのがお客のため?

今日は娘と洋服を求めて買い物へ。街はSALE真っ只中で、どのお店も混んでいた。いくつかの店を回ったのだが、結局は、私が最もよく買う店で購入した。 私がその店でよく買うのは、駅から近いがそれほど混まない場所にあるという立地面もあるし、店の雰囲気も…

話を聞く指導

今年度の始めに、私が悩んでいたとこがある。それは「話を聞きなさい」という指導をどう行うか。今年度の子供達は、例年以上に「話を聞くこと」へと合意形成が難しかったのだ。 教員が話をし、子供達が「ちゃんと」聞く。 これを「躾」とか「学習訓練」など…

黒板へのメッセージ

火曜日は始業式。ということで、黒板に子供達へのメッセージを書いた。黒板に何を書くかは、毎回毎回非常に迷う。はっきり言って苦手だ。『学び合い』では、子供達に対して「課題の提示」はするが「方法」は指定しないのがセオリー。逆に言うと、始業式の朝…

これから『学び合い』と出会う方へ

多くの教員は、こんなことに悩んでいるのではないだろうか。 授業に参加できない児童がいる。 しかも、その数が徐々に増えているように感じる。 「特別支援が必要じゃ無いかと感じる児童」が増えている。 学級のテストの点数が上がらない。 けれど、「学力向…

Facebookに「お知らせ」をアップしません

以前は、ブログをアップすると、連携機能を使ってtwitterに「ブログ更新のお知らせ」を上げていた。その後、Facebookにも上げるようになった。 その後はtwitterには上げず、Facebookとだけ連携してきた。このブログのアクセスの内、大半がFacebook経由となっ…

妄想

許されるなら、やりたい授業がある。 「それでは、学習予定表を配布します。自分の学年だけじゃなく、各学年のテスト日程と内容を確認してね。では、今日もモリモリ学びましょう。はい、どうぞ。」 で、一日中、全校生がごじゃごじゃ学ぶ。 時間割も教科の枠…

学び合いが複雑になっていくということ

『学び合い』に対して 教える→教えられる という単純な学習をイメージする人も少なくないようだ。確かに、『学び合い』を始めたばかりの時期は、そういう姿が目立つかもしれない。 ただ、『学び合い』をちゃんと見れば、子供達の学びはそんなに単純ではない…

あけましておめでとうございます

本年もどうぞ宜しくお願い致します。 さて。普通ならここで「新年の抱負」を書くのだろうが、私はそういうのが苦手である。書いても直ぐに忘れる。いい加減な性格なのが、こういうところでバレる。 ただ、せっかく見に来てくださる方もいるのだから、(なん…

今年もありがとうございました。

今年も残すところ、あと数時間となった。大晦日にもかかわらず、足を運んでいただき、心から感謝している。ありがとうございます。今年も、ほぼ毎日、ブログを更新してきた。毎日書くようになって分かったことがある。それは、「書くから書けるようになる」…

健康第一

昨夜から息子が体調を崩し、一人大嘔吐大会。 そのため、その後は床拭き大会からの洗濯大会。 御用納め後に体調を崩すあたりが、流石我が息子。そんなところも、父に似ている。 やはり、健康第一だなあ。

大切なのは「教科」ではなく

実は最近、少々欲求不満なのだ。 何が不満かというと、夏のフォーラムでも、11月の「みゆき会セミナー」でも、「学びのカリキュラム・マネジメント」のことを話して、『学び合い』の話をしていない。その為、『学び合い』の話がしたいのである。 現時点で私…

一人じゃ難しいなら

昨日や一昨日のようなことを書くと、アクセス数は増えるのだが、評判は下がるんだろうな、とFacebookを見ながら思う。まあ、仕方ない。実を言うと、Facebookとのつき合い方を変えようかと考えている。SNSというものが面倒になってきた。ま、これについては別…

本当に勉強して欲しいと願っているのだろうか

昨日書いた「失敗例3」に関して、なおたかはどうすればよいと感じているのか?というご質問を、Facebookにて頂戴した。ありがたいことである。 長くなるので、Facebookではなく、こちらにアップすることにした。 まず最初に断っておきたいのが、失敗例3のよ…

無理しなくてもいいのですよ。

昨日のエントリーの続きと言えないかもしれないが、その流れで。私が『学び合い』をある程度安定的に継続できるようになったのは、以下の3点を意識してからだ。 人は、本能的に学び合える。だから、ことさら学び合わせようとしなくても、必要であれば学び合…

聞いてみたいが、聞かない。

たまたま、『学び合い』に関する次のような意見を、続けざまに見聞きした。 「全員ができる」まで学習するのは、「出来る子」にとっては時間の無駄だし、面倒だ。(だから、『学び合い』は良くない。) 『学び合い』のようなコミュニケーションを求めれる学…

恥ずかしながら

この週末は、2つの原稿の校正と、みゆき会の著書「学びのカリキュラム・マネジメント」の見直しをしていた。実は私、自分の文章を読むのが結構好きだ。自分が書いたものを読みながら、「ああ、分かるなあ」なんて納得したり、「これ、忘れてたなあ」と新発…

お茶の間評論家レベル

今日は、クリスマスケーキのスポンジを焼きながら、以前、ある人が私に言ってくれた言葉を思い出していた。今ほどは『学び合い』を周囲から認められていない中で、四苦八苦していた私の状況を見て言ってくれた言葉である。 「周囲があなたに言う言葉は、野球…

2学期終了

今日は終業式。当然ながら、通知票を渡した。 一人一人と話をしながら手渡すのが私のいつものやり方だ。全体では「冬休みの計画表」を作成している時間に、ちょっと寒い廊下で一人ずつ呼び出し、話をしながら渡した。成績が下がってしまった子には、ちゃんと…

バスケットボールの授業とへなちょこ課題

ブログのアクセス解析を見るのが好きだ。私のブログなんぞ、一日のアクセス数は数百程度なのだが、でも、日によってその数が全く異なる。この時期になると、平日はぐーんと減って、その分、土日が増える。皆様、お忙しいのだろう。でも、そんな中、今日もこ…

負けているなあ

子供達の行動を見ていると「優しいなあ」と感じる。例えば昨日、帰りのあいさつをする直前に、ウチのクラスの愛すべきお調子者A君が教室の鉛筆削りを落とし、中の削りカスが散乱するという事件が発生した。「あ!」というみんなの声と1秒ぐらいの間の後、踊…

やらなきゃいけない

昨日は冗談半分で「諦めかけ」なんて言ったが、本心では諦める気はない。というか、諦めるのは無理である。『学び合い』をやっていると、度々子供達に頼まれる。「先生、もっと『学び合い』を広めてください!」と。 私は学級で子供達に「あなた達の学ぶ姿で…

諦めかけ

私が『学び合い』について考える時、最も大切にしているのが「学校観」だ。『学び合い』の「学校観」とは何か、『学び合い』wikiさんからコピペ。 「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人…

的中率高め

今夜はどうしても眠れず、悶々として過ごしている。 11月の上旬から「嫌な予感」がしていたのだが、それが的中した。超大問題。でも、皆々様は別のことに気を取られていて、この問題の深刻さが分からないだろうな…。 私の「嫌な予感」は当たる。「こういう問…

伝えたいこと・伝えなくちゃいけないこと

私は、私がやっている『学び合い』が誰かの役に立って欲しいと願っている。だから、こうして毎日ブログを書く。が、実際はなかなか難しい。なかなか伝わらないことにイライラする。人と会って話すことが億劫になる。伝えたいけれど、なかなか伝わらない。そ…

忘れ物を減らす

本当は「忘れ物」の話ではないのだけれど、とりあえず例として。 さて。最近、「忘れ物をする子が増えた」という話を何度も耳にするのだが、これは私だけだろうか。私自身は、今も昔も「忘れる子もいれば、忘れない子もいるよ」というスタンスだけれど。増え…

試されてる!?

若い頃には「子供達に試されている」と感じることが度々あった。子供達が何か“悪いこと”をしたり、子供達が私に質問してきたりする時に、「これは、子供達が俺の教師としての力量を試そうとしているんだな。どんな指導をするのか、どんな答えを言うのかを見…

アドバイス

今日は、同僚のО先生に偉そうにアドバイス。まずは、集団を見る時、一部を取り上げて見てはいけないよ、という話。一部に着目すると、全体が分からなくなってしまう。いわゆる「木を見て森を見ず」の状態になる。これが続くと、集団がいびつになる。授業者の…