『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


授業の準備

授業のあれこれ アクティブ・ラーニング

私は「単元進行表」というものを作っています。「どうやるか」という計画ではなく、「この単元はここに向かって進みなさい」という思いを込めて。

 

若い時は授業を一単位時間毎に区切って考えていました。「次の授業はどうやろう」って感じで。そういう授業って「導入」が長くなりがち。だって、毎時間「新しいこと」を用意し、それに対して興味関心を高める工夫をしなければいけないのですから。

でも、授業を単元全体で考えるとそれが必要なくなります。チャイムが鳴ったら(まあ、鳴らなくても)「そろそろ始めよう」と勉強を始め、時間がきたら「終わろうぜー」と終わまでの間、私が一言もしゃべらないことも珍しくありません。

と口で言うのは簡単なのだけれど、これがなかなか難しい。

最初に作った「単元計画表」は、「単元全体」になっていませんでしたね。ただ単に「バラバラの一単位時間が寄せ集まっただけ」の表です。どこがダメだったのか。説明の文言が多すぎたのです!導入が長くなるのと同じですね、コントロールしようとしちゃっていたのでしょう。単元全体を見て授業をするには、単元間のつながり、すなわち一年間や六年間のつながりも意識しなければいけないんですが、その意識が薄かったのです。そして、中学校のことも考えないとなあって分かってきましたが、まあ、あんまり広げると大変なのでぼちぼちですけどね。

 いつか機会があれば、単元全体を見通した課題の作り方について、どこかでお話してみたいと思っています。実は大好きなんです、そういうの。