『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


失敗は成功のもと

本のあれこれ

少し前に紹介した、この本。

私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

私は『学び合い』にこれで失敗し、これで乗り越えました。

 

通称、「『学び合い』失敗本」を通して読みました。
この本、めちゃくちゃ良いです。何が良いって、「あー、あるある!」という失敗がいっぱい。そんなことからも、『学び合い』の再現性の高さがよく分かりますね。

そして、ちょっと言いにくいことですが、私が「心配していた失敗」がたくさん載っています。私は、数年前に『学び合い』に関して非常に悩んでいた時期がありました。悩みとは、様々な方の『学び合い』実践について知る中で、「それは危ないんじゃないですか!?」「子ども達は、本当は困っているんじゃありませんか?」と聞きたくなる場面があって、その時にどうするか、というもの。それを言葉にして、

「なおたかさん、『学び合い』は考え方なんだから。やり方は色々でいいんだよ」

「『はい、どうぞ』の『学び合い』だけが正解じゃないんだよ」

とたしなめられたことも一度や二度ではありません。まあ、そうですよね。誰だって言われたく無いもんね。だから、言いかけて口を閉じることが多々あり。こんな性格なので、我慢できずに言葉にして、感謝されたこともないわけではないけれど、多くの場合は後悔。黙って無視していられればいいんですけれど、『学び合い』について学べば学ぶほど、話を聞いただけで「これは危ないなあ」と感じる場面は増えていきました。正直、今でもあります。

 

でも、これからは、そういう時にはこの本をお勧めできます。かなり色々書いてあります。私が経験した失敗もたくさん書いてあります。大阪のFさんが書いた3つの失敗談のうち1つは、私が書いたこととほぼ一緒ですね。やっぱり、『学び合い』は再現性が高いなあって思います。本当にお勧めです。

 

そして、今後は、「じゃあ、その失敗を乗り越えて、具体的にどんなことをやっているのさ!?」という話がたくさん出てくると良いんじゃないか、と考えています。失敗は成功のもと。だったら、成功を具体的に語れなくちゃ「嘘」でしょう。そしてそれは、現場の我々実践者の出番だと思うのです。