『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


間違えてもいいじゃないか

今日から新学期がスタートしました。今年は3年生担任です。

 

さてさて。新学期の風物詩の一つに「前の学年と間違える」というものがありますよね。今日もある子が、教務主任の先生が、2年生を呼んだ時に、間違えて「はい」と返事をしてしまいました。

周囲の人は笑いました。その子も

「あー、間違えちゃった」

と恥ずかしそう。

その時、私の口から直ぐに出た言葉は

「間違えてもいいじゃない。ちゃんと返事ができる人なんだから、君は立派だよ。気にしなくていいよ」

でした。

多分、若い頃の私だったら

「いつまで2年生の気分でいるんだよ」

とか

「もう一回、2年生をやるかい?」

なんてからかっていたことでしょう。そうすると、いくら後で「教室は間違えるところだよ」なんて言っても、効果は薄いでしょうね。

とっさの時に、人は本心が出るのだと思います。心から「間違えてもいいじゃないか」と思えるようになってきたんだな。私もちょっとは教員として成長できているのかもな。と感じたのでした。