『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


嘘がばれる

昨日のエントリーでは「大人の理屈が分かる子」と「大人の理屈が全く分からない子」について書きました。そして、後者を「指導が通じず手を焼く」と書きました。

けれど、学級経営上、より手強いのは、実は前者だと思っています。大人の理屈が分かる子が手強い。

 

大人の理屈が分かるということは、言い換えれば、大人の嘘も分かるのです。

分かった上で、従っているふりをしてくれているのです。

場合によっては、学級崩壊を裏で主導したり、学級内の「階層」を生み出したりするのも、そういうタイプの子です。もちろん、そういうことになるのは、その子が悪いわけではないでしょう。学級の管理者である担任が、その子に適切な立ち位置を与えられないからそういうことが起きるのですから。

もちろん私も、以前はどうすれば良いか分かっていませんでした。初任の頃なんて酷かったなあ。今思うと、変に恐れて持ち上げ過ぎていましたね。

 

今の私は、「大人の理屈が分かる子」には「大人の理屈」で動いてもらいます。

「一人も見捨てないのは、自分にとって得」という理屈です。

これって、非常に難しい理屈です。心のどこかで「駄目な奴は放っておいて良いだろう」と思っている人が多数派かもしれません。でも、繰り返し語れば小学生でも理解できる子がいます。少なくとも、私が『学び合い』に出会ってからの8年間で、この理屈が誰も理解できなかった学級はありません。必ず数人は理解して、「じゃあ、自分が得をするために、積極的に助けよう。性格的・生理的に無理な人も、自分が損をしない程度に助けよう」と動いてくれました。もちろん、今の学級でも。

こういう理屈が分かる子が「子供の立ち位置」から私を見ているならば、これは厳しい!ありとあらゆる場で「私だけが大人なのだ」と完璧な振る舞いをしなければいけません。もたないよ、そんなの!

でも、そういう子が「大人の立ち位置」から学級を見てくれるならば、非常に頼もしい存在となります。そして、そういう子は、自分と同じ立ち位置に立ってくれる仲間を増やそうとするでしょう。その方が楽ができるからです。私はそれを「児童の同僚化」と呼んでいます。

 

「一人も見捨てたくない」というのは、教員の「情」でしょう。情のない言葉を発すれば、その嘘がばれます。でも、情を情のまま語っても、集団は動きません。その情を本当に実現しようとすれば、それ相応の策略を練るのがトップの責任です。担任は、学級のトップとしての責任を果たさなければならないのです。子供はちゃんと見ています。