『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


努力に報いたい

『学び合い』を始めたばかりの4月。多くの学級において「関われるようになること」が目標となっていたでしょう。ブログやFacebookを見ると、同様に考えている方が少なくないようです。ある程度敷居なく関われるようになるには、経験上、1か月から3か月程度はかかります。もちろん、もっとかかる子も沢山いますが。(かかる子は1年でも難しい。多分、中学生や高校生なら一生モノの目標となっている子もいるでしょう)

この時期に使われる「お助け方法」に「氏名マグネット」があります。黒板に氏名が書かれたマグネットを貼って、課題が出来たら「OK」の場所に貼り替える、という有名な方法です。私も最初は使います。子供達が関われるようになるきっかけ作りに有効だからです。

 

でも、しばらく経つと不要になります。

学級の調子が良ければ、マグネットなんて関係なく分からない子に声を掛けます。調子が悪ければ、マグネットを見て見ぬ振りをします。マグネットを貼ってる意味がないですよね?私は子供達に聞きます。

「マグネット、いる?」

と。もし、何人かが

「いる!」

と言うなら、

「じゃあ、ちゃんとマグネットを見ようよ、分かってない人が残されているよ」

と求めます。もし、何人かが

「いらない」

と言うなら、

「じゃあ、ちゃんと周囲を見ようよ、マグネットがなくても」

と求めます。どちらにせよ、マグネットがなくても周囲を見る学級へと育てなくてはならないのです。

 

ただ、周囲を見る、というのは簡単なことではありません。子供達にとっては大変です。苦労します。ですから、私は担任として、その苦労に報いたい。でも、どうやって?

これが企業なら給料に反映させればいい。でも、学校では無理です。じゃあ、何か。そこを考えるのが担任の工夫だと思っています。

 

つづく