『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


可愛くて仕方がない

子供と接する時「この子は可愛くて仕方がないなあ」と思い込むようにしています。人と人の関係ですから、合う合わないは付き物かもしれません。子供が私を嫌いなこともあるでしょう。でも、私にとっては可愛くて仕方がない子なのです、どの子も、掛け値無しに。

この点に関しては、私は思考停止です。本当に可愛いと思えているかとか、そんなことが可能なのかとか、そんな余計なことは考えません。

 

正確に言うと、ちょっと考えてみたんですよ、1学期に。

俺、無理してないかな、自分に嘘をついてないかな。

そんなことをちらっと考えてみたら、何だか子供達の前で、フラフラしちゃうんです。精神的にフラフラ。駄目ですね、私のような単細胞馬鹿が余計なことを考えちゃいけません。

 

俺のクラスに可愛くない子なんているわけがない。俺のクラスの子供達は、特別に選ばれた可愛くて仕方がない子の集まり。神か仏か校長かは分からないけど、誰かが俺のために特別に選んでくれた子供達なんだなー。毎年毎年、こんなに可愛い子達ばっかり担任させてもらって、他の先生方に悪いなー。

 

と、そう思って学級に立つのが私の流儀なんです。だって、現に可愛くて仕方がないのですからね。