『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。単著「流動型『学び合い』の授業作り」を上梓しました。お手に取っていただければ幸いです。

2015-09-01から1ヶ月間の記事一覧

発信する価値

今のわたしの実践は、数多の先達のお陰で成り立っています。ですから、わたしの実践も誰かの役に立つならば、それは非常に嬉しいことです。そう思って、昨年末から少しずつやれる事を増やしてきました。こういう功名心が、何となく気恥ずかしいようにも感じ…

涵養

今日は福島で、3名のやる気溢れる実践家さんと2名の変態さんのお話を聞いてきました。 久しぶりの研修への参加。ちょっと緊張しました。 各実践発表や講座の内容については盛り沢山で書ききれないのですが、わたしの中で「!!!」という発見があったので…

旗を立てる 3

飽きたけど、とりあえず書く! わたしは、「学習のゴール」を揺らがせないために、次のことを心がけています。 ゴールは「自分の外」で決める。 結果が明確になるようにする。 「つまりは、こういうこと」と一文で説明できるまで、削ぎ落とす。 まず、1番の…

旗を立てる 2

前回は「より太く揺らがない旗を立てる」ということを書きました。 わたしは、一単位時間レベルの授業でも、10時間以上の単元でも、「この学習で目指すことは・・・」という話をできれば3分、長くても5分くらいで説明するよう心がけています。7分とか8分…

次の言語化課題

本当は、「旗を立てる」の続きを書こうと思っていたのですが、どうしてもメモしておきたいことがあるので書いておきます。 さて。 みゆき会の三人が使う言葉で 任せるけれど、委ねない。 というものがあります。「どんな結果になっても別にいいよ」なんて風…

旗を立てる 1

最近、複数の若い先生から授業についての相談を受けました。 簡単に言うと 「授業の課題ってどうやって作ればいいんですか?」 という質問です。 この手の質問はよく受けるのですが、「教科書のここを参考に」とか「ワークテストの問題を参考に」とか「学習…

脱・伝え下手

以前から薄々感じていたことです。 なぜ、わたしが伝え下手なのか。それは、どうしてもより多くの人に伝えようとしてしまうからだと思うのです。 口ではよく「伝わるのは2割」とか言っておきながら、実際に伝える場に立つと10割を目指してしまいます。だ…