『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。単著「流動型『学び合い』の授業作り」を上梓しました。お手に取っていただければ幸いです。

2018-01-01から1年間の記事一覧

自分にできることを全力で。

私は「会を主催できない男」です。資質・能力的な問題なのでしょう、自分では『学び合い』の会を主催したいとは思えないのです。 でも、何らかの役には立ちたいと願っています。そうすると、有り難いことに、私の代わりに会を主催してくださる方と出会えます…

怒涛の2月

2月は札幌にお伺いする予定ですが、それに加えて、東京にて川西さんとお会いできることとなりました。 2月23日 『学び合い』高橋・川西二人会(東京都) せっかちな私は、お声掛けいただいた直後から何をお話するか考え始めます。 こちらの会は 2月9日 これか…

教員の力

私は、子供集団は有能であると考えている。子供たちのすごさに敬意さえ抱いている。それは、子供たちがやること全てを無条件に許すことではない。子供たちに限らず、人間は皆、有能だけれど、完璧ではないからだ。 「それでいいのかな」 「もっと違う方法は…

電話

今年は教務になったので、電話に出る回数が激増しました。昼間は事務室で電話を取ってくださることが多いのですが、放課後はなるべく私が取るようにしています。保護者さんからの電話が多いからです。嬉しい電話は少なくて、どちらかというと無い方がいい電…

それは、名前の問題ではない。

過去に何度も聞いたし、今でも度々聞く言葉。 「『学び合い』という名前のせいで、多くの教員は『学び合わせよう』と強制する。『学び合い』という名前がよくない」 これ、名前のせいだろうか。 もしも『学習者主体授業法』という名前だったら「『学習者主体…

後ろ盾

勤務校には、20代の教員が4名います。都市部では「少ない」かもしれませんが、地方では「多い」でしょう。福島県では「校長が真ん中の年齢」や「教頭が一番年下」なんて学校の話もチラホラ聞きますから、本校は恵まれています。保護者さんは、若い先生よりも…

心配

私は20代の頃、比較的大きな学校に勤務できた。初任校は児童数850人。2校目は450人。児童数が多いということは、教員が多いということ。そのため、分掌は少なくなる。授業や学級経営に力を注げた。簡単な仕事から、徐々に難しい仕事と、段階的に教えてもらう…

知らぬは教員ばかりなり

私の言動がいじめを産み、助長し、拡大させているとしても、私自身にはなかなか気付けない。気付けないから、そんな誤ちを犯してしまうのだ。 それに気付くには、他者の目と声が必要なのだと思う。が、残念ながら、教室は緩やかな密室だ。他者の目も声も、中…

頑張れ!の話

かなり前に聞いた話で、ソース不明だ。とお断りした上で書く。 人は自分自身が発している言葉の影響を大きく受ける、という話を聞いたことがある。人を罵る言葉を発していると、発している本人がもっとも近くでその言葉を聞いていることになる。だから、人を…

仕事を頼まれること、頼むこと

学校には「誰の仕事かはっきりしているもの」と「誰の仕事でもないもの」があると思っている。 誰の仕事かはっきりしているものは、その人が責任を持ってやるべきだろう。分掌というものがあるのだから、与えられた仕事に責任を持つのが基本。けれど、その仕…

悪い予想が当たる

今日も悪い予想が当たってしまった。昔から「このままじゃ危険だな」と思っていると、その通りになることがあって、職場では度々「私は予言者ですから」なんて悪い冗談を言っていた。ただ、以前の私は予想はできても防げなかったし、そのあとどうフォローし…

久しぶりに

今日は8時半まで学校に。こんなに遅くまで学校にいたのは久しぶりだなあ。 あまり嫌じゃないのは人の為になる仕事だと思いながら働いていたから。それでも、毎日じゃ嫌だな。時々ならいいけれど。

無駄な時間、無駄なこと

私には意地悪な面があって、「子どもたちが“簡単”に答えを導き出して欲しくない」と考えてしまいがちだった。迷うことに意味がある、悩むことに意義がある、そんな風に思ってもいた。 が、それは間違いだったと思う。簡単に分かる問題ばかりじゃつまらないだ…

特別?

以前、西川先生が講演で「特別な支援が必要な子がいることは否定しない。しかし、9%もいる、というのは多過ぎる」という趣旨のことをおっしゃっていた。(私が初めて聴いた西川先生の講演の一節で、今でも時々録音したものを聞き返している。) 私もそう思っ…

些細な違い

以前、ある方から「ほとんどの教員にとって、『学び合い』と◯◯の区別なんてつかないんだよ。そんな些細なことにこだわってどうする!」と指摘を受けたことがある。その瞬間は、心底驚いた。『学び合い』と◯◯。全く違うものじゃないか!『学び合い』は理論で…

3人で札幌へ

来年の2月、札幌にお伺いします。 2月9日 これからの教育を考えるセミナー2019如月in札幌(北海道) 今回はなんと、みゆき会の3人で参ります。 坂内さんと堀さんの対談もあるようです。いやあ、これは絶対に見たい! 札幌雪祭りの影響か、飛行機もホテルも空き…

悲しい風潮

勉強を頑張る子が悪く言われる風潮があるように感じる。典型的なのが「ガリ勉」という言葉。勉強を必死にやることはダサいらしい。他にも、「真面目」が悪口として使われることもある。 テストで100点をとった子が喜んだら「自慢してはいけない」と教員に指…

民主主義

どんなに明るくても、元気でも、やはり絶対君主制の学級には、固定的な階級が存在してしまうものだと感じる。でも、絶対君主制の学級経営があまりにも当たり前過ぎて、疑問を持っている人は少ないようだ。私だって、長年の絶対君主制が染み付いているので、…

祈るような思い

単元『学び合い』のような長い期間で課題を出す『学び合い』が機能するには、自分たちで自分たちをコントロールできる必要があると考えています。今日の授業では、1時間目の休み時間が終わって2時間目に入った時に、ちょっとコントロールできていない二人の…

テストと『学び合い』

私は、ワークテストの点数を重視して『学び合い』による授業を行なっています。一度、学力テストの点数を重視してみたことがあります。抜群の結果を出しました。自分の考えの正しさがある程度確かめられたので、今は重視していません。ワークテストを重視す…

多様に

アンテナは高く、チャンネルは多く。 多様な繋がりを得るとは、無闇矢鱈と遠くの方「だけ」と知り合うことではありません。以前はそこを勘違いしていました。

どう変わる?

世の中が変わった。学校を取り巻く環境が変わった。そういう声はよく聞く。 じゃあ、何がどう変わったのだろう。 私たちはどう変わるべきなんだろう。 そういう話はなかなか出てこない。私自身も「こうだろうな」と感じていることはあるけれど、あまり言葉に…

ちょっとのチャレンジ

最近は授業中に 「ちょっとチャレンジしてみよう!」 という話を何度もしています。 いつもとは違う友達と学んでみよう! 困っている友達を見つけて「教えるよ!」と言ってみよう! 分からない問題を「教えて!」と言ってみよう! 「ここ、違うんじゃない?…

あまり意図的になり過ぎないように

今日のあるクラスの授業中、マズイなあと感じる動きをいくつか見ました。どうするか悩んだのですが、ちょうど手元に学校のiPadがあったので、それ使って授業の様子を撮影することにしました。子どもたちに見てもらうためです。 撮影を始めると、私の意図を感…

調子に乗った次の日は、ちょっと暗くなるのです。

テストで100点を取った子が「やった!100点だ!」と喜んでいる。それに対して「やめなよ。100点じゃない子もいるんだから、自慢してはいけないよ」と注意するクラスはいいクラスだろうか。私はそうは思えない。 喜んでいる子がいたら、一緒に喜んであげるク…

ちょっと調子にのってみる

数年前、尊敬する先輩から言われた言葉。「なおたかさんは、自分の実践を60点に抑えることができる?残りを他のクラスのために使える?」その時には「そんなの絶対に嫌だもーん!」と思っていたのですが、去年と今年は「自分の力を他に割り振る」意識を持っ…

だからこそ

今日は杉山さん主催のオンライン読書会に参加させて頂きました。その中でお話したことを、自分用のメモとして、書いておきます。 『学び合い』に向かない子を目にする度に、「だからこそ、『学び合い』が必要だよな」と感じます。人と関わることが苦手。適切…

ちょうど良い距離感がつかめない

私は「子どもたちに好かれたい」という思いを抑えながら仕事をしています。本気で好かれたくないわけではありません。子どもたちは可愛い。だから、好かれたら、当然、嬉しい。だからこそ、子どもたちに好かれることが目的化すると、その嬉しさや気持ち良さ…

ちゃんと伝える

子どもたちに、教員の思いを「ちゃんと」伝える。 これって、なかなか難しいものです。かなり前ですが、こんな記事を書きました。 崩れるイメージ - nao_takaの『縦横無尽』 馬鹿げた話に感じるかもしれませんが、意外とこんな指導をしてしまっているものだ…

11月号

小六教育技術の11月号に拙稿を掲載していただきました。『子供を伸ばす「受け」と「返し」の技術』という特集で書かせていただきました。 今回も悩みながら書いた原稿です。『学び合い』に限らず、多くの方の参考になったら嬉しいなあと考えて書きました。多…