『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

ちょっとのチャレンジ

最近は授業中に

「ちょっとチャレンジしてみよう!」

という話を何度もしています。

  • いつもとは違う友達と学んでみよう!
  • 困っている友達を見つけて「教えるよ!」と言ってみよう!
  • 分からない問題を「教えて!」と言ってみよう!
  • 「ここ、違うんじゃない?」と指摘してみよう!
  • 「これ、真似させて!」と頼んでみよう!

そんなことを勧めているのです。無理矢理やれとは言いません。でも、少しだけ自分で自分に負荷をかけてみるように伝えています。仲良しの友達とだけ学んでいると、だんだん手抜きになって、ふざけ始まっちゃうですよね、どうしても。

 

今日はある子が

「仲良しの友達が固まっていると、そこに入っていきにくいんですよね」

と言っていたので、私は笑顔で

「そんな時こそチャンス!さあ、ちょっとチャレンジしてみよう」

と伝えました。その子は少し迷いつつ、仲良しグループの塊に入っていきました。いいチャレンジですよね!!こういうちょっとのチャレンジが、集団を変え、個人を育てていくんだよなあと思いながら見ていました。