『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

見えない人には見えない

時々、書かないと忘れてしまうので、しっかり書いておこう。

 

私の視力は、裸眼だと0.05くらいだ。他の人が見えているものも、見えない。それは、叱られても、責められてもどうしようもない。

同じように、私には見えているものが見えない人もいる場合がある。それは、仕方ないのだ。怒ることではない。イライラすることでもない。

私の息子は色覚異常を持っている。色の判別が少々苦手なようだ。でも、木に止まっているセミを見付けるのが早い。茶色の木に止まった茶色の蝉。色の違いは分かりにくいが、もしかしたら、明るさの違いには敏感なのかもしれない、と思っている。

 

きっとそういうことなのだ。私には見えないものを見ている人もいる。私が見ているものが見えない人もいる。どちらが上とか、どちらが正しいとか、そういう話ではないのだ。