『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

函館へ

明日は函館『学び合い』の会。藤原さんと会を持つのは、昨年の函館、今年の仙台に続いて3回目である。

藤原さんの会の回を重ねているのは、単純に楽しいからだ。こんな私を呼んでいただけただけで嬉しいので、今まで参加した会はどれも楽しかったし、参加して良かったと思うものばかりだ。でも、藤原さんとの会はちょっと違う楽しさ。藤原さんには「譲れないもの」があるのが分かる。例えば、2日間の日程にすること。参加人数を増やしたいなら、1日だけの方が良い。その方が身体的、金銭的な負担も少なくてすむし。でも、藤原さんは2日間にこだわる。その裏には、理論的な裏付けがあるのだ。理論と信念の融合したこだわり。そのこだわりに乗るのが楽しい。

私は、私にできないことができる人を尊敬する。さて、今回はどんな2日間になるだろう。