『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

対決姿勢

分かっていても、やってしまう誤ち。私は時々、子どもと「対決姿勢」を取ってしまうことがある。

例えば、私の指示通りに動いていない子がいると無視されたように感じて「言うことを聞かせよう」としてしまったり、子どものネガティブな発言を私への批判と捉えてしまったり。実際はそんなことないのに、勝手に心の中でファイティングポーズ。肩に力が入る。

 

なぜ、そんなことをしてしまうのか。

何が私を追い立てているのか。

最近はそれが分かってきたから、いくぶん楽になった。簡単に言えば、「評価」を気にするのね。他者からの評価だけじゃなく、自己評価も含めて。

さらには段々と、他者が心の中で拳を振り上げる瞬間が分かるようになってきた。対決姿勢を取ってしまうのは、どうやら私だけではないらしい。

 

人は弱いな。私も人だ。