『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

自己肯定感

私は自己肯定感が低い。自分のダメさは自分がよく分かっている。私が『学び合い』に拘っている理由の1つは「ダメな私でも子供たちを救いたいから」だ。自分がすごいなら、『学び合い』でやる必要なんてないのだ。だって、「すごい自分」が全部やればいいんだから。

もちろん、自分を卑下しているつもりなんてない。「自分はここまでしかできない」と認めるということは「自分はここまではできる」と自己理解することにつながると思っている。

 

年齢は私より下だけれど、私よりはるかに有能な方々から、こんなことを言われたことがある。

ある方からは「ちょっと疲れていますね。休んだらどうですか」という趣旨のことを言われた。確かに、ちょっと疲れている。この一年は、いろいろあり過ぎた。でも、それに合わせて、サボれるところはサボった。例えば、このブログ。今年度は「毎日更新」ができなかったけれど、それは別のことを優先したからだ。でも、疲れてるなあ。
別の方からは「もっと偉そうにしてください」と言われた。これは難しい。「偉そう」ってどういうことだろう。「怖そう」とは時々言われるけれど。(怖くありませんよ)

が、せっかく言ってもらったので、ちょっと偉そうにしてみましょう。
ということで、今日から一人称を「吾輩」にしてみます。
ということで、明日以降も、吾輩のブログを見に来なさい!!