『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

嘘か誠か

エイプリル・フールである。

 

さて。

度々「謙虚だ」と言われる。自分ではそうは思っていないが、否定することでもないので、黙っている。しかし、私のことをよく知る方は、私を「謙虚」だとは思わないだろう。ある方に言われた「無駄に謙虚」という言葉は、妙にしっくりきたけれど。

 

私の自己評価は、よく言えば「目指しているものにまだまだ届かない。満足できていない」のであり、もう少し正直に言えば「目標を高く持ったはいいが、それを達成するための策に、充分な確信が持てずに、迷いが生じている」ということだ。

ただね、これ以上やるとなると、色々と犠牲にしなければいけないものが多くて。不惑を過ぎても、まだまだ迷うなあ。

 

でも、今年の方針は決めてある。昨年は多少の遠慮もあり、今までやってきたことや、やりたいことをセーブした。そうすると、やっぱりダメなんだと分かった。同時に、若さのパワーや柔軟性の素晴らしさもあらためて分かった。今年は、遠慮なくやりたいことはやろうと思う。もちろん、配慮は忘れないけれど、下手に遠慮していたら、若い先生に置いて行かれてしまうもんね。

あとは、コロナがどうなるか、だなあ。