『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント 繋がる国語科 アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

福島県の小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。

当ブログの内容は、全てなおたかの個人的見解です。


「何で見捨てるんだ!」

私が『学び合い』を始めたばかりの頃なので、7年前の話です。

その当時は、今ほど『学び合い』の「やり方」についての本は揃っていませんでした。私は、西川先生のサイトにアップされていた「『学び合い』の手引き」を頼りに、『学び合い』を実践していました。

手引きには、理論どおりに『学び合い』で授業をすると学級にどんなことが起こるのかが書かれていました。そして、そのとおりのことが起きました。あの衝撃は忘れられません。

 

が、しかし。

手引きに書かれていることには「終わり」があるのです。(それは、今の多くの書籍でも同じなのですが、)『学び合い』学級の最初期は非常に再現性が高いのですが、だいたい、2か月くらい経った頃からは「瞬間判断」が求められます。決まったことを決まったようにやればいいのが最初の数か月。それを過ぎると、教員がどう振る舞い、どう語るのかをその時、その場で判断し、行動する必要があります。(実は、瞬間判断の機会は一斉指導の方が多いと私は思っているんですけれど、話がややこしくなるので省略します。)授業って、この瞬間判断が難しいんですよね。

 

7年前、『学び合い』による授業を始めた私が最初に犯した大間違いが、「全員達成ができなかった時、何と言うか」の判断でした。

その時は、全員達成ができない授業が続いました。定番の語りとして「どうすれば全員達成できるか考えよう。自分にやれることはないかな?」というような言葉掛けは何度もしていました。が、私の目には「もっと出来るのに、サボっている」ように見えていました。自分が出来ているのに、分かっていない友達を見捨てて、教えていない!何やってんだ!助けろよ!見捨てるなよ!とイライラしていました。

そこで私が発してしまった言葉は

「何で見捨てるんだ!ちゃんと教えろ!それでも仲間か!」

でした。私のイライラが噴出した言葉です。

あれは大失敗でしたね。子供たちの意欲が目に見えて下がっていくのが分かりました。

 

じゃあ、全員達成出来ない授業が続いている時には、どう言えば正解なのでしょう。

というと、非常に難しいんですけれど。というのは、正解は時と場合によるからです。不正解はハッキリしているけれど、正解はないんです。その時その時で異なるから、教員が瞬間判断するしかない。

と言うと、ちょっと親切ですよね。『学び合い』を始めてしばらく経った方のために私が協力してあげられるのは、「とりあえずの答え」を複数用意し、その中から選択してもらうことかなあと考えています。

リアル

今日は出張。任意参加の団体なのに事実上悉皆という研修会でした。私は「頼まれたら断わらない」を心掛けているので、一日中、会の進行や協議会の司会をして過ごしました。どうせ出るなら、当事者意識を持ってやる方が楽しいですからね。

 

午後の最後に、県内某市指導主事のW先生のお話を聞きました。縁あって、W先生のお話は何度も聞いているのですが、何度聞いてもこころに沁みます。

W先生のお話は、リアルなのです。実体験に基づいていることに加えて、上手くいかなかった話も期待以下だった成果も話してくれるのです。

 

思い返すと、私が今までお世話になった先輩や上司の中で「良いなあ」と心から思える方は、失敗談を上手に話してくれる方が多くいます。「良い話」ばかりが並ぶと嘘くさいですもんね。

私も失敗談をもっと積極的に話すようにしよう。最近、ブログに書いてないかもしれません。

学びは日常の中に

堀先生の新刊を拝読しました。

赤坂真二×堀 裕嗣 往復書簡: 転換期を生きる教師の学びのカタチ (教育単行本)
 

学ぶって、特別なことでしょうか。
私は「息を吸うように学ぶ」クラスを目指して授業をしています。それは、我が子が庭で遊ぶ姿を見ながら、「ああ、人はダンゴムシからも学び、落ち葉からも学ぶのだ。人は常に学べるのだ。学びを非日常にしてはいけないんだな」と感じたことが大きく影響しています。
また、『学び合い』に惹かれているのも、子供たちが自然な姿で学ぶからです。
本来、学びとは日常の中にたくさんあるものではないでしょうか。非日常のものではないはずです。同時に、非日常の学びを毎日毎時間繰り返していくことは不可能じゃないかとも感じます。
私自身は、第1章で書かれている「学ばせていただきます」という言葉にそれほど強い嫌悪感は抱きません。その言葉が、学びを必要以上に特別視せず、自然なものとして捉えられているのであれば、使っても良いのではないかと思います。でも、そこからちょっと臭ってくる「学んでいる俺ってかっこいいでしょ?」という雰囲気は嫌ですけれど。
学ぶって、そんなに特別なことじゃありませんよ。きっと自然なものなんです。

 

ただ、「自然な学び」と言っても、それは「放任」とは異なります。教室での学びは、庭での遊びのような偶然性に頼りきったものではいけないでしょう。同じように、教員も、日常の偶然性に頼り切ってはいけないのでしょう。

日常の学びをどうやって深めていくのか。そのヒントが後半に書かれている「メタ認知」にあるのでしょうね。
本書を読みながら、ふと気づきました。ここ数年、私には「話を聞いてくれる存在」がいます。それは、同じ学校の後輩であったり、地域の学習会の仲間であったり、元同僚であったり。その年によって様々ですが、私の話をよく聞き、質問してくれる存在が必ずいるのです。彼らはあまりネットはやらないタイプ。だから、このブログやFacebookでは絡んでいないのですけれど、このブログは読んでいるのかな??
私自身は「学ぼう」というつもりで話しているわけではないのですが、でも、相談にのったり、愚痴を言い合ったりすることが、結果として私にとって非常に大きな学びになっています。薄々は感じていましたが、確信を得ました。
私がメタ認知を深めていくためには、そういった身近な存在と話しているようなことを、形に残していくことが必要なのかもしれません。このブログは、私の「記録」として書いています。個人情報に配慮しつつ、日常的に語り合っているようなことを、ブログに書いていこうかな。

 

本書を読みながら、「日常の学びを大切にしているからこそ、非日常の学びが意味を持つのだ」と感じました。そうしないと、「学んでいるつもりが、成長の手応えを感じられない」なんてことになってしまうのかもしれません。