『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。単著「流動型『学び合い』の授業作り」を上梓しました。お手に取っていただければ幸いです。

失敗しかないのだ

金曜日、後悔する指導をしてしまった。

とある活動中に、ある子の行動に対して、大声で笑っている二人がいた。その二人は、悪意を込めて笑っているわけではないのは感じる。放っておっくという選択肢もあった。しかし、私は「笑われている子」の様子を見ながら、しばらく考えて「強めの指導する」という選択肢を選んだ。

その理由は三つあって、

  • 過去にも、その子がちょっと下に見られているような言動があった。子供たちはそれほど気にしていないのも分かっているが、気にしていないこと自体が問題なのだ、という意識が私にあった。
  • また、他の学年もその様子を見ており、いわゆる「悪い見本」にはさせられない、という思いもあった、。
  • 故に放っておくことはしないが、静かに諭して思考を促すだけの時間が、その活動中には確保できなかった。短時間で指導したかった。

というものだ。

 

で、後悔している。

やっぱり、こういう指導は、こちら側の都合で行われる。

「学級経営上、こういった行動を許すわけにはいかない。」

「学校のためにも、指導すべき。」

「個への指導よりも全体への始動を優先したい。」

全部、私の都合である。だから、児童の目線から考えると、どうしても無理が生じる。かと言って、その二人の目線から考えようとすると、一部の子から見ればおかしなことになるだろう。

「どうして先生は、あの二人をそんなに贔屓するの?」といった感じで。

私は今、学校が非常に単純化されたくだらない評価に晒されているせいで、一部の子に意識が集中し、学級経営が破綻したり、学校全体が崩壊したりする事態に、問題意識が向いている。一部の子を意識する方が簡単だからね。

けれど、全体を見ようとすると、本当に難しい。というか、見ることができなくなる。深く考えずに

「教育にBestはない。Betterなものを選んでいく」

なんて考えていた時期もあるけれど、今となっては、なんて浅い考えで子供たちの前に立っていたんだろうと申し訳なくなる。そのBetterは誰にとってのBetterなのか。教員が選んだBetterが、誰かにとってはWorstになり得ると考えられなかったのだよね。

 

私は、毎日、失敗を繰り返しているのである。私が「よりマシだ」と思うことを積み重ねる。それは、他の誰かにとっては失敗だと分かっているけれど、仕方ない。そして、私が失敗だと感じても、他の誰かには、それほど悪くないことなのだ。

 

「大人になれなかった弟たちに……」の授業から。

勤務校は教科担任制である。私は高学年の国語の他に、中学校1クラスでも国語を担当している。

中学校で授業をするのは初めてのため、そこそこ苦労している。というのは、授業の準備に時間がかかる。ほとんどの教材が初めてだからね。でも、面白い。

今は、「大人になれなかった弟たちに……」。初発の読み取りでは「『僕』は、ひもじさや甘い物欲しさに負けて、弟のミルクを飲んでしまった」「母はヒロユキの死を受け止めきれず、餓死した直後には泣かなかったのではないか」というような感想がクラスの主流だった。

ちょっと物足りないなあ、というか、違和感を抱いて放課後、何度も文章を読み込む。

そして、ふと気付く。

ああ、この物語の悲しさは、母も兄である「僕」も、弟の死を予感しながら生活しているところにあるんじゃないか。

泣かない赤児を心配するのではなく「大人しくて助かる」という母。

弟の唯一の食料であるミルクを何度も盗み飲みしてしまう僕。それを強く咎められない母。

その裏には、「この子は長く生きられないだろう」というある種のあきらめがあるんじゃないか。

そんなことを感じた。

 

で、授業では、生徒がそれに気付くことができるような仕掛けを考える、なんてことは全くしないのが私のスタイル。

包み隠さず、子供たちに私なりの考えを伝え、「弟の死を予感させる部分を読み取る」という課題を出した。

すると、案の定、さまざまな意見が出された。その全てが「正確」だとは言えないのだけれど、でも「自由に感想を書きなさい」と言ったのでは出ない類いの意見も少なくないと思う。そして、授業後に「こういう風に深く読むのって面白い」と感想を述べてくれた生徒がいたのは、素直に嬉しかった。

 

こういう時、やっぱり教材研究って必要だよなあとは思う。私なりに読み、私なりの考えを持ち、それを生徒に投げ掛けることの大切さを実感する。

一方で、今後は「いや、先生の意見は違うんじゃないですか」と言われるような場面が生まれてきて欲しいと願っている。生徒が私以上に読めるようになって欲しい。私の想定の上をいって欲しい。私の意図を意図的に乗り越えていって欲しい。
学級担任制で、私の考え方を色濃く反映しやすクラスなら「放っておいても、そうなるよ」と言えるのだけれど、教科担任制であってもそれが可能なのかどうか、中学生でも可能なのかどうか。私程度の力量では、正直なところ、自信がない。

 

 

 

 

違い

以前は、崩壊した学級を引き継ぐと、子供たちは教員のことが嫌いだった。元担任を口汚く罵る子供たちを止めたり、嗜めたりすることも多かった。

しかし、最近は違う。崩壊したクラスを引き継いでも、子供たちは教員のことが好きな場合が多い。元担任に会うと抱きついて「大好きー」と顔をくしゃくしゃにするのを見たこともある。前年は教室を抜け出し、ほとんど授業を受けていなかった子なのに。それでも、担任は嫌いじゃないのだ。

 

この違いがなぜ生まれたのか。

なぜ、教員のことが嫌いじゃない子供たちがまともに授業を受けないのか。

それがやっと分かった。

 

というわけで、これを一生懸命まとめている。が、“分かる”と“説明できる”は大違い。難しいなあ。

まずは“みん職”さんのセミナーで講座を開かせていただける予定。「頑張ります」と言わず、「ご期待ください」と言っておこう。