『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。単著「流動型『学び合い』の授業作り」を上梓しました。お手に取っていただければ幸いです。

緻密というより窮屈

算数の教科書を見ていたら、「スモールステップ」の細かさに苦しくなった。
つまずかないように、迷わないように。ていねいに指導事項が整理され、学べるように緻密に作られた階段。最近の私は、それがどうにも苦しい。

それらは、どれを見てもとてもよく考えられた並びだ。ある程度の人数の子は、この並びで学ぶことができるだろう。でも、それは「どの程度」の人数だろうか。

ここには、踊り場がない。ちょっと休む場、ちょっと立ち止まる場、荷物を降ろす場がない。つまりは、学び直す場がないのだ。パンパンに積み込まれた学習内容を時間内に終わらせるために、一直線に並べられたもの。子供たちはそれを順に学んでいく。
整然と正しく並べられた問題を、正しい速度で、正しい順序で学んでいく正しい子どもが、さて、どれくらいいるのだろうか。緻密になればなるほど、その流れに乗れなかった子は、途中から混ざることも、追いつくことも難しくなっていかないだろうか。

 

どこかでつまずいたら、あとは学べない。
一段飛ばしで駆け上がることも許されない。

そんな縛りの強さを感じてしまう。
それが苦しさの原因だろう。

「優れているつもりの教員」は、「子供が喜んでその階段を上っている」と勘違いしている。一人一人の違いが見えていない。苦しんでいる子が見えない。かつての私だ。

山道は、登ったり下りたり曲がったりするものだ。頂上まで一直線の山道などありはしない。

同じように、学習だって、一直線に分かるわけじゃない。分からない、できないと、分かった、できたを繰り返す。それが自然だろう。その繰り返しの中で「ああ、そうか」となっていく姿を、何度も見てきた。そういう学び、それが可能な授業や学校を私は目指したい。

 

けれど、分からない、できない子がいると、「これは〇〇についての指導が不足していることが原因だ」とさらにステップが増やされるのが最近の風潮ではないだろうか。もっと丁寧に、もっと緻密に。そして、窮屈になる。

それは、世の中の問題もあるだろうけれど、でも、耐えられない教員が多いことも原因なんだと思っている。子供たちの「分からない・できない」を受け止められないのだ。ま、受け止めるって、辛いもんねえ。。。

「人」こそが最強

12年前、福島県新地町の学校に勤めていた時に、国から補助を受けての町の事業として「一人1台iPad &Wi-Fi完備」の環境で授業を行っていた。全国的にも非常に先進的な取り組みで、かなりのお金も絡んでいたのだろう。ガチで色々と試した。町全体で大々的な研究発表もした。お国の方々やApple Japanの方々、これから教育村にICT機器を売り込もうとする企業の方々にも、結構な頻度で授業を見てもらった。

その結果、私が出した結論は「結局は人が最強」ということ。子供達が主体的に学び方を選択できる環境では、たとえ様々なコンテンツを用意しても、子供達は「学び合う」という方法を選ぶ頻度が圧倒的に高いのだ。ICT機器も、教科書も、辞書も、参考書も、ノートも、黒板も、ホワイトボードも「あれば便利だし使うけれど、なくても困らない」のである。けれど、「人」はないと困る。それほど、学び合う衝動は強力なのだろう。

もちろん、この時に私が出した結論は、間違えている可能性がある。だから、GIGA以降、私の認識を変えてくれるような発信を探しているが、今のところ琴線に触れるようなものは見当たらないなあ。

読解

「読解力って何だろう」とずっと考えています。
で、下のようなことを思い出しました。これが読解力を測るものだと考えているわけではありませんが、まあとりあえず、下の文を読んでみてください。

 

① Aという事象が、世の中にどれほど存在すると言えるのでしょうか。

② Bという事象が、世の中のどこに存在すると言えるのでしょうか。

①の文では、Aは数は存在するけれど、多くはないと述べています。でも、②の場合、Bは存在しないと言っています。ごく単純に言えば、Aはあるけど、Bはない。
この違い分かりますよねえ?

 

では、この文はどうでしょう。

③ Cが、この問題の元凶となっている。

④ Dは、この問題の元凶とされてしまっている。

③の文では、Cは何某かの問題を引き起こしていると述べられています。けれど、④の文では、「本当は、Dは悪くないのに」という気持ちが透けて見えます。このニュアンス、伝わりますでしょうか。

 

こういう違いが分かる・分からないって、いったいどこで分かれるのでしょうね。
こういうのは、読解力に入るのでしょうか。読解力ってなんだ!?よく分かりません。