『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

束の間の喜び

今日は始業式。新年度が始まった。今年は2年生担任である。久しぶりの低学年だ。今日の3時間だけでも、やっぱり楽しかった。そして、2年生は可愛い。

学校に子供たちが戻ってくるとやはり嬉しく感じてしまう。子供たちがいなければ、学校ではないもんね。

ただ、やっぱり感染は恐い。明日からはまた休校である。残念だけれど、致し方ない。

大阪セミナー延期とオンラインセミナーのお知らせ

来週、大阪で開催される予定だった樋口さん主催のセミナーは、延期となりました。残念ですが、現状を考えると仕方ないところです。

その代わりに、オンラインでお話させていただきます。

【オンライン】高橋尚幸先生から学ぼう!「なぜ今『学び合い』なのか」 2020年4月11日 - こくちーずプロ

オンラインで話すのは苦手なんですよねー。2月、3月に3回ほど機会をいただいたのですが、長々と独り言を言っているような気持ちになってしまって、言葉が出てこなくなります。一方で、参加者さん全員と自由に話し合うスタイルだと、混ざれない人がオフライン以上に出てしまうように感じました。今回は四度目なので、以前よりは上手くやれるようにしたいと思います。

良かったら参加してください。宜しくお願い致します。

 

時代は動いている

まだ始業式前なので詳しいことは書けないが、新年度が始まり、少しずつ準備を進めている。

ここ数年、『学び合い』で授業をすることが非常に楽になったのを感じる。『学び合い』を知っている同僚が増え、訝しがられることが減っているからだ。更には、『学び合い』を知りたい!やりたい!という人も確実に増えている。

 

時代は動いている。確実に。

 

以前も書いたが、このコロナに関わる様々な出来事が、学校を変えてくれるとは思っていない。そんなに都合よく物事は進まない。頭の良い人が、この騒ぎを利用して変える可能性はあるかもしれないけれど、私はそんな立場にない。私にできる変革は、もっと地味で地道で日常と地続きのものだ。

華々しくはないけれど、そんな日々を誇りに思うようにしたい。