『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

どんどん走れ!

『学び合い』を持続するためには、トップランナーが気持ちよく走れることが不可欠だと考えています。
明日からの授業で、トップランナーがしっかりとスタートダッシュできるように、今日はその準備に時間を費やしました。


トップランナーが走れる条件として、「ゴールが明確なこと」があると思います。走り出してからコロコロとゴールを変えられると、どこに走ってよいか分からなくなっちゃいます。
もう一つの条件として、「トップランナー以外に“教え役”が存在すること」も大切にしています。


経営が下手糞な管理者は、トップランナーに先頭を走らせつつ、周囲へのサポートも強要します。学級で目立つ子が固定化されている場合なんかがそういうパターンです。これって、めちゃくちゃ辛いのです。走りたくても走れない状態。しかも、無理に走ると足を引っ掛けられることも。
切り拓く役と、それを広める役は別な方が上手く回ります。


というわけで、「みんなができる」だけでなく「みんなでやるのだ!」という語りも、この時期に大切にしています。