『学び合い』 流動型『学び合い』 学びのカリキュラム・マネジメント アクティブ・ラーニング

nao_takaの『縦横無尽』

宮城県で働く小学校教員なおたかのブログです。『学び合い』(二重かっこ学び合い)を実践しています。2月に単著発売予定「流動型『学び合い』の授業作り」発売

伸び代

若い先生の授業を見た。

昨年度より、格段に腕が上がっている。ベテランの先生と二人で「落ち着いていますね」と感心した。

更には、先月「こんなことに気を付けてみて」と伝えたことが、ちゃんと改善されている。ま、私の影響かどうかは分からないけどね。

もちろん、まだ課題はあるのは当然で「次はこんなことを意識すると更に良くなると思いますよ」という話はした。けれど、私があれこれ言わなくても、きっとどんどん磨きがかかっていくことだろう。

 

今週は水・木・金と三日間連続で研究授業を行う。密を避けながら授業を公開するためだ。あと、単純に楽しそうだから。普通やらないことをやるって、楽しい。ちょっとしたイベント気分だ。
30代の頃は、毎年のように「新しい授業」が浮かんできた。そして、自分が成長していく実感があった。でも今は、自分が成長していく姿がイメージしにくくなっている。若い先生のように、1年で格段に腕を上げる、なんてことはないだろう。それどころか、何もしていなければ腕が落ちていくのを感じる。

だからこそ、まだまだ足掻いていきたい。楽しそうなことにチャレンジしていきたい。まだやれるでしょう。まだ伸びるでしょう。子供たちに求めるように、若い先生に求めるように、自分自身にも求めていきたいのだ。